「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」(2019)のあらすじ【ストーリー】

「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」(2019)のあらすじ【ストーリー】

「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」

(2019)のあらすじ【ストーリー】




「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」(2019)【感想】


悪魔の手毬唄_edited-1.jpg

『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』




【あらすじ】
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


岡山と兵庫の県境にある鬼首村(おにこうべむら)では由良家(ゆらけ)と仁礼家(にれけ)という、二つの名家が対立していた。

岡山県警警部・磯川常次郎(古谷一行)の依頼を受け、金田一耕助(加藤シゲアキ)はその村にある亀の湯という温泉宿を訪れる。


新品_edited-1.jpg


そこの女主人である青池リカ(寺島しのぶ)は、20年前に起きた悲惨な事件によって夫の源治郎を亡くしていた。

そしてその犯人、恩田幾三はいまだに行方不明だという。


青池リカ 1_edited-1.jpg


ある日、鬼首村出身の人気歌手、大空ゆかり(中条あやみ)が帰郷するということで村中が活気づく中、


新聞 1_edited-1.jpg


リカの息子、歌名雄(小瀧望)の婚約者である由良泰子(菅野莉央)が滝つぼで死んでいるのが発見され・・・。


死体_edited-1.jpg


1 黒_edited-2.jpg | ▪『感想』 >> | ▪『登場人物』>> |

【原作作品】


悪魔の手毬唄 (角川文庫)

横溝 正史 (著)

商品ページ>>
1 黒_edited-2.jpg
ー▲直前のページに戻るー



【過去映像化作品】

1 黒_edited-2.jpg

【悪魔の手毬唄】


悪魔の手毬唄

【主演】古谷一行, 佐藤友美, 池波志乃

概ね原作通りの展開であり、原作にある科白も細かい表現がなされている!


『悪魔の手毬唄』


【あらすじ】
岡山県の鬼首村で起こった連続殺人事件。

村の二大勢力である由良家と仁礼家の娘が、相次いで殺害された。

調査に乗り出した金田一耕助は、いずれの事件も村に古くから伝わる手毬唄に見立てられた殺人であることを知る。

やがて、二人の被害者と20年前に青池源治郎を殺害して逃亡したとされる詐欺師の恩田幾三との意外な関係が明るみとなる。

栗林りんと名乗る老婆と、失踪した多々良放庵に疑惑が集中する中、またもや新たな犠牲者が・・・。


1 黒_edited-2.jpg
Amazon Prime Video>>

1 黒_edited-2.jpg
ー▲直前のページに戻るー



【悪魔の手毬唄】


悪魔の手毬唄

(C)1977東宝

市川崑監督・石坂浩二主演による金田一耕助シリーズの第2作。キネマ旬報ベストテン第6位にランクインされている。


『悪魔の手毬唄』


【内容紹介】
横溝正史原作、市川崑監督、石坂浩二主演による名探偵・金田一耕助シリーズ全5部作の中でも傑作中の傑作。

まさにディスカバー・ジャパンといったテイストでせまる、日本独自のおどろおどろしい風土をもつ鬼首村で起きるなぞの連続殺人事件。

それにいどむ金田一の名推理もさながら、彼と事件を担当する磯川警部(若山富三郎)との友情、また村の旅館のおかみリカ(岸恵子)へ寄せる磯川のストイックな愛情など、ただ単に探偵推理映画のおもしろさだけでなく、ここには人間の業や悲しみ、そして愛といったものが見事なまでに凝縮されている。

ラストの金田一の磯川の駅の別れ。その際、ホームの柱に書かれてある言葉にも注目してもらいたい。

なお、この作品まで石坂は地毛でボサボサ頭の金田一を演じている。


1 黒_edited-2.jpg
Amazon Prime Video>>

1 黒_edited-2.jpg
ー▲直前のページに戻るー



【スポンサーリンク】



© 2019 neji.