三日月しずか(麻生久美子)の出番が減って、残念だった『時効警察はじめました』の第一話

時効 35_edited-1.jpg

『時効警察はじめました』



1 黒_edited-2.jpg
PR オダギリジョーの作品はコチラ PR 麻生久美子の作品はコチラ



三日月しずか(麻生久美子)の出番が減って、残念だった『時効警察はじめました』の第一話


『時効警察はじめました』第一話「総武のウタマロ」感想

(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


旧作まで、弾けた演技が魅力的だった三日月しずか(麻生久美子)が担当していた部分の一部が、真面目な新人刑事の彩雲真空(吉岡里帆)に割り振られたためか、旧作の面白さが薄れてしまったような気がしました。


時効 57.jpg


霧山修一朗(オダギリジョー)と彩雲真空(吉岡里帆)のコンビで行動する場面は、普通の刑事ドラマみたいで、あんまり面白さを感じませんでした。


時効警察 始めました 6.jpg


第一話のゲストは、小雪さんと六角精児さんでした。小雪さんはセーラー服を着て話題になっていましたが、演技的には、いつもの小雪さんという感じで、あまり変わり映えのしない感じだったので、もう少し、普段だったら絶対やらないような演技を見てみたかったです。


時効警察 始めました_edited-1.jpg


六角精児さんの役柄も、他のドラマでやってるような感じの役柄っぽかったです。


時効警察 始めました 4 a.jpg


スペシャルでは、トボケ具合がちょってやり過ぎのような感じだった、十文字疾風(豊原功補)は、いつもの十文字に戻っていました。


時効警察 始めました 5_edited-1.jpg


第二話は脚本が、福田雄一さんみたいなので楽しみです。


1 黒_edited-2.jpg
1 黒_edited-2.jpg



【スポンサーリンク】



© 2019 neji.