『卒業(加賀恭一郎シリーズ)』あらすじ【小説】 (著者:東野圭吾)

CSS入門

卒業 タイトル 1.jpg 1 黒_edited-2.jpg
待望のホワイト登場
自分好みに選べるあなたのライブラリー
1 黒_edited-2.jpg Kobo Libra H2O (ホワイト)
【Kobo電子書籍リーダー】

価格ナビ_edited-1.jpg 価格比較(最安値チェック)
PR 東野圭吾 の作品はコチラ PR 阿部寛の作品はコチラ



『卒業』(著:東野圭吾)【あらすじ】


『あらすじ』

(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)



卒業を控えた大学四年の秋、唐突に高校からの同級生である加賀恭一郎から、自分に対する想いを一方的に伝えられた相原 沙都子は 、戸惑いを隠せないまま仲間の溜まり場である『首振りピエロ』を訪れ、悪友である金井波香と出会う。

金井波香から、高校の茶道部で一緒だった牧村祥子が、身体の具合が悪いからといってに二講目の講義が終わった後、アパートに帰宅した という話を聞く。

翌日、沙都子はいつもより早く家を出た。講義の前に牧村祥子のアパートへ行こうと思ったからである。

波香や祥子が住んでいるのは、「白鷺荘」という学生アパートという学生アパートだった。

彼女達は自宅から通学するのに二時間近くの時間を要するため、ここに下宿しているのだった。

入学当時は両親の反対もあったらしいが、管理の厳しいアパートなので許してもらえたという話だった。

沙都子は牧村祥子とは高校の茶道部で一緒だった、すでに剣道部に籍を置いていた沙都子が茶道部に入ったのは 同じ剣道部であった金井波香に誘われたからである。

この祥子にテニス部の華江を加えた四人が、いわゆる悪友グループだった。

「白鷺荘」についた沙都子は、まだ時間が早かったため、先に昨日会った波香の部屋を訪れた。

波香の話によると、昨夜、部屋をノックしてみたが、鍵がかかっており、眠っているようだったので逢うことはなかった だという。

それからしばらくして、波香の部屋を訪れた沙都子は、ドアをノックしたが返事はなくノブには鍵がかかっていた。

居ないのかな・・・そんな考えがちらっと頭に浮かんだが、次の瞬間その考え」は消え失せていた。 なぜならばドアの隙間から蛍光灯の青白い光が漏れ出していたからである。

祥子は居る・・・・不吉な予感に駆られた沙都子は、管理人から合鍵を借り受け、強引に部屋に入った。

沙都子の目に映ったものは、部屋の向こうの小さな台所で倒れている祥子の姿だった。

彼女は左腕を洗面器の中に入れていた。沙都子は朦朧としながら、その中の液体の異常に赤い色を見つめるのだった・・・



1 黒_edited-2.jpg
価格ナビ_edited-1.jpg 価格比較(最安値チェック)
1 黒_edited-2.jpg | ▪『感想』 >> | ▪『登場人物』>> | ▪『加賀恭一郎』シリーズ【小説】>> 1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg
ー▲直前のページに戻るー






【参考】 1 黒_edited-2.jpg
『Wikipedia』




© 2019 neji.