『ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき』感想【小説】 (著者:上遠野 浩平)

CSS入門 ブギーポップ.jpg

ブギ―ポップ 4_edited-1.jpg
animate_edited-1.jpg | 詳細はこちら |
1 黒_edited-2.jpg
あなたの好きなアニメ・漫画・ゲームのコラボグッズがみつかる!AMNIBUS


『ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき』
感想【小説】 (著者:上遠野 浩平)
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)



amazon primeでアニメの「ブギーポップは笑わない」を見て、昔、読んでいたのを思い出して懐かしくなり、一巻から改めて読み直しました。

1 黒_edited-2.jpg 1 黒_edited-2.jpg


著者のデビュー作で第4回電撃ゲーム小説大賞受賞作品である『ブギーポップは笑わない』が刊行されてから、二十年近くが経過しており、 そろそろ完結も近いのではないかと読みすすめたところ、最新刊である『ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき』 の内容は、シリーズの第二・三巻にあたる『ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター』の後日譚でした。

全巻一気読みした感想はというと、この二十年で、根幹を為すストーリー自体は、あまり進んでないなあ~というものでした。

『ブギーポップ・スタッカート ジンクス・ショップへようこそ』以降、他シリーズで登場したキャラクターや設定が、 読者がそれを知っているような前提で描かれているため、『ビートのディシプリン』と『ヴァルプルギスの後悔』シリーズは 呼んでいないと面白さが半減するような印象を受けました。

最新巻の感想はというと、2013年に刊行された『ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン』あたりから、若干、内容が薄くなった 感じがしていましたが、本書は面白かったです。

今回は、霧間凪が事件に絡むためか、久々にシリアスな展開になっており、最近、続いていた軽いノリが払拭されたためだと思われます。

ただ、今回、事件を起こしたディジー・ミス・リジ―の動機は、水乃星 透子絡みであり、『ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン』に登場したパラダイム・ラストと目的が被っており、意外性はあんまり感じませんでした。

個人的には、水乃星 透子が自殺した事件の真相が語られて、このシリーズは完結するのではないかと思っていますが、 巻を追うごとに、後付けのような設定や意味ありげな登場人物が、どんどん増えていくので、 このペースだと、いつ完結するのか予想がまったくつかず、少なくとも、後十年ぐらいは続くのではないかという印象を受けました。


『ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター』で死亡したスプーキーEという合成人間のエピソードが、全巻を通してやたらに 登場するので、最終的にこのキャラクターが、『ブギーポップ』においてどういう役割を担っていたのかが気になってしょうがありません。


真相を知る日を気を長くして待つことにします。



1 黒_edited-2.jpg
animate_edited-1.jpg | 詳細はこちら |
1 黒_edited-2.jpg | ▪『あらすじ』>> | ▪『登場人物』>> | ▪『上遠野 浩平』作品一覧>>
| ▪『ブギーポップ』シリーズ一覧 【1-12巻】 >> 【13-23巻】 >>
| 『ビートのディシプリン』シリーズ一覧 >> | 『ヴァルプルギスの後悔』シリーズ一覧 >> 1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg



『ブギーポップ電撃文庫』セット
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)



『ブギーポップ電撃文庫』セット

 

1 黒_edited-2.jpg






【参考】 1 黒_edited-2.jpg
『「ブギーポップ」シリーズ | 電撃文庫 』

『TVアニメ「ブギーポップは笑わない」公式サイト 』

『Wikipedia』




© 2019 neji.