『花だより(みをつくし料理帖 特別巻)』登場人物【小説】 (著者:髙田郁)

CSS入門

みをつくし 6.jpg
1 概略.jpg

澪が大坂に戻ったのち、文政五年(一八二二年)春から翌年初午にかけての物語。

店主・種市とつる家の面々を廻る、表題作「花だより」。

澪のかつての想いびと、御膳奉行の小野寺数馬と一風変わった妻・乙緒との暮らしを綴った「涼風あり」。

あさひ太夫の名を捨て、生家の再建を果たしてのちの野江を描いた「秋燕」。

澪と源斉夫婦が危機を乗り越えて絆を深めていく「月の船を漕ぐ」。

シリーズ完結から四年、登場人物たちのその後の奮闘と幸せとを料理がつなぐ特別巻、満を持して登場です!


1 黒_edited-2.jpg
PR 髙田郁 の作品はコチラ PR 黒木華の作品はコチラ



『花だより 』登場人物【第1話】
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)



1 登場人物.jpg

種市
「つる屋」の主人。年に一度、年明けに、大坂へと戻っていった澪から送られてくるあちらの様子を綴った文が今年は届かなったため、澪の身に何か起きたのではないかと気を揉んでいる。

上野崇元寺の境内で、易者・水原東西と思しき人物を助けた際に「来年の桜は見られない」と言われ、意気消沈する。


清右衛門
戯作者。わがままですぐに癇癪を起こし、料理についても何かと口うるさい。

ひと月前に恩人が急逝して以来、新作が書けず、スランプに陥っており、版元の坂村堂に筆を折ることを示唆する。

恩人が急逝した清右衛門は、高齢を理由に大阪行きを逡巡する種市に、いつ尽きるかもしれぬ人の寿命を説き、 かつて澪と調理のことで交わした約束を果たすために種市とともに大阪に赴く。


坂村堂 嘉久
神田永富町の版元「坂村堂」の店主。泥鰌のような口ひげをたくわえ、丸い目をしている。

このところ新作が書けず、スランプに陥っている戯作者の清右衛門に 息抜きが必要だと進言する。

病に伏せる種市への見舞いとして絵師・辰政の書いた「東海道名所一覧」を持参する。

清右衛門に同行することを決め、旅の手配に東奔西走すが、出発当日に遅刻して清右衛門に怒鳴られる。


りう
「つる家」の齢八十三歳の看板娘。お運びの老女。息子の孝介は口入屋。

湯治が好きで、日頃から、日光の湯元へも平気で出かけており、 大坂に向かう種市一行に途中まで同行して、箱根に逗留した。

澪に会うため大坂に向かう種市に、屋号が書かれた上等な小田原提灯を土産として託す。


政吉
「つる家」の料理人。澪の後釜として「つる家」の料理人となった。臼の5歳下の夫。偏屈で一刻者だが、臼の言うことには素直に耳を傾ける。

料理番付で初星を取った「とろとろ茶わん蒸し」を始め、澪が生み出した数々の料理は、 政吉によって忠実に受け継がれている。


おりょう
「つる家」のお運び。亭主の伊佐三は親方の跡を継いで泊まりの大工仕事で忙しく、一人息子の太一は絵の修行で忙しい。

亭主が留守の時は、最後まで店を手伝っている。


お臼
「つる家」のお運び。政吉の女房。 柳吾と結婚して「つる家」を去る芳の代わりに、お運びを担当するために「一柳」から送られてきた女衆。


ふき
「つる家」が元飯田町に移った後、下足番として雇われた少女。


「つる家」の下足番。ふきの弟。十五歳。「つる家」の下足番。最近になって包丁を研がせてもらえるようになった。 口の聞けない太一とは身ぶり手振りで会話を交わす仲である。


おりょうの息子。十五歳。絵師・辰政の弟子。口がきけない。 健坊とは巳ぶり手振りで会話を交わす仲である。

澪に会うため大坂に向かう種市に、「つる家」の面々を描いた絵を土産として託す。


名料理屋「一柳」の女将。齢を重ねて髪に白いものが増えたが、相変わらず背筋は伸びていて気品がある。

病に伏せる種市への見舞いとして「金柑」を持参し、 澪からの便りが届かないことを心配する種市を励ます。


孝介
りうの息子。口入屋。心配性な性分。りうと箱根湯元に湯治にいく約束をしていたが、仕事が忙しくなったため、 りうが種市たちと先に出て、小田原の旅籠「森雅屋」で落ち合うことにする。


水原東西
古希前後と思しき、枯れ枝の如くやせ細った町人らしき風体の老人。上野崇元寺の境内で、空腹で倒れているのを 種市に助けられる。後に贋者であったことが判明する。


小田原の旅籠「ういろう屋」の隣室の客。
六十半ばの、眼光鋭く、何やら恐ろし気な頑丈な体躯の老人。 夜通し大きな声で祝詞を唱えており、種市を辟易とさせる。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『感想』>> | ▪『あらすじ』>> | ▪『みをつくし献立帖』>> |
| ▪『みをつくし料理帖』シリーズ一覧 >> | ▪『あきない世傳 金と銀』シリーズ一覧 >> | 1 黒_edited-2.jpg



『涼風あり 』登場人物【第2話】
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)



1 登場人物.jpg

小野寺 数馬
御膳奉行。口数が少なく、飄々としており掴みどころがないが、食欲は旺盛である。

時折、

切り口が徳川家の家紋に似ているという理由で、武家の間で口にするのは禁忌とされている胡瓜が大好物である。

時々、町人風の口の利き方をするため、妻の乙緒 から不審がられる。

乙緒
小野寺 数馬の妻。十七歳で御前奉行の小野寺家に嫁いで早六年。悠馬という嫡男にも恵まれる。

糸を引いたかの如く細い目をした不愛想な顔つきをしているため、感情の起伏が表情に現れないため、屋敷の者たちからは 「笑わぬ姫君」と揶揄されている。

父は大目付の沢渡昌延。母は老中の遠い遠い極めて遠い縁者であったが早逝している。

一家安泰のために、父に命じられるがまま、十五歳で一度、他家に嫁ぐが一年も経たぬうちに離縁の憂き目にあい、 前回の離縁の結果を鑑みた父の計らいで、家としても格下、年も十七も年長で、出世の見込みのない御前奉行の小野寺 数馬の元に嫁ぐ。

小野寺家では、料理だけをする奉公人を抱えており、料理下手にもかかわらず自ら料理をする義妹の早帆のことを訝しげに感じている。 驚異以外の何物でもなかった。

かつて数馬と恋仲であった澪のことを義妹の早帆から聞かされ、駒繋ぎの花のような健気で可憐な娘と恋した数馬が、 心を見せない能面のような自分を娶った数馬のことを不憫に感じる。


里津 / 覚華院
小野寺数馬の母。数馬の妹・早帆とともに数々の武勇伝を誇っていたが、六年前に腎臓を患い亡くなる。

乙緒が小野寺の家に輿入れしたのは、里津が亡くなる十日前のことであったが、二人の間柄は通常の嫁姑というよりも、 これまで培ってきたあらゆる英知を残そうとする者とそれを受け継ぐ者、という同士という関係だった。

亡くなる二日前に手ずから調理した「岡太夫」という菓子を乙緒に馳走し、 これから先の夫婦生活において、心を見せない乙緒と、それを汲もうとしない数馬との間に不和が生じた際に、 数馬に「岡太夫を食べたい」と伝えるように言い残す。


早帆
小野寺数馬の三歳年下の妹。幼なじみの駒澤弥三郎に嫁ぎ、5人の息子をもうけた。 料理の才は全くないが、料理好き。

末子、大五郎が夏風邪に伏せっていたおりに、見舞にきてもらったお礼をいいに小野寺家を訪れ、 暑気払いに自分の作った梅の蜜煮を持参する。

暑気払いのお礼に枇杷を持参した乙緒に、かつて恋仲であった兄、数馬と澪の別れの真相を知らされていなかった早帆は、 兄が聞くに堪えない言い訳をして、澪を討ち捨てたのだと打ち明けてしまう。


駒澤弥三郎
小納戸役御膳番。小野寺数馬の妹・早帆の夫。小野寺 数馬とは竹馬の友であり、役務柄、知恵を貸し合うことが多い。

料理下手な妻の料理を「旨い」という熊と見紛うばかりの大男。

早帆とはお互いに惚れて惚れて、惚れ抜いて夫婦になった間柄だが、数馬から「猛獣」と「猛獣使い」の夫婦と揶揄される。

仏頂面の妻を娶った数馬のことを不憫がる。


沢渡昌延
乙緒の父、沢渡昌延は大目付の役を仰せつかっており、旗本でありながら、諸大名を監督する立場にあったため、 弱みを見せぬよう何時如何なる時も動揺せず、喜怒哀楽を面に出すことはなかった。

そのために昌延は、乙緒と二つ年上の兄に対しても、心のうちを露わにするすることを戒めさせた。


悠馬
数馬の嫡男。心の内を表現するのが下手な両親に似ず、素直な感情表現ができる。


多浜重光
小野寺の用人。早帆の来訪を乙緒に告げる。老齢のために早帆が持参した、ぐちゃぐちゃの梅の蜜煮の始末を免れる。

旗本としての暮らしを維持するために、春夏秋冬、様々な青物がとれる畑を管理している。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『感想』>> | ▪『あらすじ』>> | ▪『みをつくし献立帖』>> |
| ▪『みをつくし料理帖』シリーズ一覧 >> | ▪『あきない世傳 金と銀』シリーズ一覧 >> | 1 黒_edited-2.jpg



『秋燕 』登場人物【第3話】
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)



1 登場人物.jpg

野江/あさひ太夫
二十八歳。大坂で「淡路屋」を再興した後は、眼鏡の販売を中心に商売を展開し、順調に売り上げを伸ばしている。

かつて吉原で「翁屋」の花魁であった経緯から、表立って店先に出ようせず、店の商売は番頭に任せており、裏方に徹している。

当時の大坂には、「女名前禁止」(女は家持ちにも店主にもなれない)という掟があったが、 野江の場合、 水害で家族を失った娘が店を再興するという事情により、摂津屋のとりなしにより特例を認められ、婿を迎えるまで3年の猶予を与えられていた。

その期限が迫る中、摂津屋には番頭の辰蔵との結婚を勧められていたが、 又次を死なせてしまった後悔によりなかなか一歩を踏み出せないでいた。


又次
花魁「つばき太夫」の禿をしていた九歳の野江が、つばき太夫からの折檻にたまりかね、、 足抜けを試みた際に出会った目つきの鋭い、強面の男性。

当時、「花長楼」という名の廓の料理人をしながら、報恩という名目のもとに楼主に廓に仇なす輩の始末を任されていた。

事情を察した又次は、野江を匿い、自分が作った「唐汁」を振舞った後、「翁屋」に戻るように諭す。

他に何も言おうとしない又次から、逃げることはできないと悟った野江は、生きて吉原を出ることを誓い「翁屋」に戻る

それから七年後、傷を負い「翁屋」に逃げ込んだ際に、野江と再会し、 野江の身を挺した懇願と居合わせた摂津屋の取りなしにより、「翁屋」に料理番として雇われることになる。

命を救われた又次は、野江が大門を出るまで、命を懸けて野江を守ることを誓う。


摂津屋助五郎
清酒醸造から札差に転じ御用商人となった豪商。

野江とは幼いときから縁があり、姉女郎の「あさひ大夫」が出そうとしなかった野江の新造出しにかかる費用を用立てる。

その後、度胸があり、義理堅い野江のことを気に入り、連れの二人とともに年期明けまでにかかる女郎一生分の代金を「翁屋」に預託する。

大阪入りする際は、ただ一人で澪の店「みおつくし」を訪れ、二階座敷の一室で ゆるりと過ごすことを好むようになる。

「淡路屋」再建後、特例によって与えられた店主(婿を取る)をたてるまでの三年の猶予が目前に迫ってきており、 野江に番頭の辰蔵を婿に迎えることを勧めるが、中々、首を縦に振ろうとしない野江が亡くなった又治に操を立てているのではないかと 懸念する。


辰蔵
再興した「淡路屋」の番頭。先代番頭の龍助こと龍蔵の一子で、面差しが父親に似ている。番頭ゆえ、見せでは「辰助」の名前で呼ばれる。

奉公人の中で、かつて、野江が「あさひ太夫」であったことを唯一知っている

温厚な人柄であり、摂津屋にも認められている。ひょろりとした細長い体躯をしている。


つばき太夫
野江が翁屋に売られた頃の一番人気の花魁。

当時、「あさひ」という名前を与えられた八歳の野江を、自分付の禿にするが、 器量よしで、ほとんど口を聞かず、無駄に敏い野江のことを疎ましく感じはじめ 邪険に扱うようになる。

事あるごとに折檻にたまりかねた九歳の野江は、足抜けを試みた遊女がどういう目に遭うかを、 知りつつも、足抜けを試みる。


野江の幼馴染み。大阪に戻った澪は、戯作者・清右衛門によって名付けられた「みをつくし」という名の料理屋を切り盛りしている。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『感想』>> | ▪『あらすじ』>> | ▪『みをつくし献立帖』>> |
| ▪『みをつくし料理帖』シリーズ一覧 >> | ▪『あきない世傳 金と銀』シリーズ一覧 >> | 1 黒_edited-2.jpg



『月の船を漕ぐ 』登場人物【第4話】
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)



1 登場人物.jpg

幼馴染みの野江とともに大阪に戻った澪は、戯作者・清右衛門によって名付けられた「みをつくし」という名の料理屋を切り盛りしている。

ある日、親切にしてくれた大家が疫病で亡くなってしまい、代替わりした息子から、店を閉じて出ていくように言い渡されてしまう。


源斉
澪の夫。医塾を開いていたが、文政5年の疫病の大流行の際に、一人も救うことができず、病人を看取ることしかできない己の無力感と過労から倒れてしまう。


庄蔵
北鍋屋町に長屋を所有する大家で、源斉が大坂に移り住んだ当初から患者だった縁で、澪に店を開く場所を貸し出した。

その後も非常に澪に良くしてくれたが、疫病に罹患し、源斉の治療も空しく亡くなってしまう。

跡を継いだ息子は、父親が三日三晩苦しんだ長屋を早く手放したいと思い、澪にも立ち退きを要求する。


お峰
庄蔵の口利きによって「みおつくし」で雇った四十代の女衆。お運びと洗い場を担当している。

無口で愛想が無いことを本人も自覚している。


一学
源斉の門弟。若くて食べ盛り。


貞丈
源斉の門弟。一学より年長で、苦学生。


野江/あさひ太夫
澪の幼馴染。大坂で「淡路屋」を再興した後は、番頭の辰蔵と結婚し、眼鏡の販売を中心に商売を展開し、順調に売り上げを伸ばしている。


辰蔵
再興した「淡路屋」の元番頭。野江と結婚し、「淡路屋」を切り盛りしている。

澪の店が立ち退きを迫られた際には、後片付けや転居先の選定に関して尽力する。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『感想』>> | ▪『あらすじ』>> | ▪『みをつくし献立帖』>> |
| ▪『みをつくし料理帖』シリーズ一覧 >> | ▪『あきない世傳 金と銀』シリーズ一覧 >> | 1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg



「みをつくし料理帖」(文庫)セット
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg



NHK総合の「土曜時代ドラマ」枠で、2017年にドラマ化
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 黒_edited-2.jpg
心をつくし、身をつくし・・・いつかきっと
大坂に生まれた天涯孤独な少女・澪(みお)が、料理の腕だけを頼りに江戸に行き、
艱難(かんなん)辛苦を乗り越えながら、やがて一流の女料理人になるまでの波乱万丈の物語。

■原作は、高田郁の累計部数300万部を超える人気時代小説「みをつくし料理帖」。
脚本に木曜時代劇「ちかえもん」で第34回(2015年)向田邦子賞を受賞した藤本有紀を迎え、
江戸の人情と笑い、数々の創作江戸料理とともに女料理人の成長を描く人情時代劇。

■ヒロインは、日本演劇界きっての若手演技派女優で、NHK初主演となる黒木華。
ドラマのラストでは、毎回、黒木華さん扮する澪が、ドラマで登場する趣向を凝らした料理の作り方を紹介!

1 黒_edited-2.jpg



2010年にコミック化されました。
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)




1 黒_edited-2.jpg 【八朔の雪 みをつくし料理帖 コミック 全3巻 完結セット】

 
1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg






【参考】 1 黒_edited-2.jpg
『みをつくし料理帖/高田郁 | 角川春樹事務所 』

『Wikipedia』




© 2019 neji.