『王都奪還(アルスラーン戦記)』登場人物【小説】 (著者:田中芳樹)

CSS入門 アルスラーン 3_edited-1.jpg

1 黒_edited-2.jpg
【Kindle Unlimited 読み放題】
豊富な本、コミック、雑誌および洋書を読み放題でお楽しみいただけます。 | 詳細はこちら |

いつでもどこでも読み放題。さまざまな端末で利用可能。| Kindle 無料アプリを表示 |
iOS,Andoroid,MacやPC版がございます。
PR.jpg 【アルスラーン戦記 コスプレ シューズ】ギーヴ ブーツ



『アルスラーン陣営』
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

アルスラーン
十四歳。パルスの国王(シャーオ)アンドラゴラス三世の子で、パルス国の若き王太子。

第二次アトロパテネの戦いにおいて三万に満たぬ兵をひきいて遅れた参戦するが、 五万の兵を集めねば帰参するにおよばずというアンドラゴラスの命を逆手にとって 帰参せず、独自の行動をとる。


ダリューン
パルス国の武将で元万騎長(マルズバーン・一万の騎兵を指揮する将)。二十七歳。大将軍(エーラーン)ヴァフリーズの甥で、 十二人の万騎長の中では最も若年。

第二次アトロパテネの戦いにおいて獅子奮迅の戦いを繰り広げ、四本の槍を折り、二本の戦斧を使いつぶした。ルシタニア軍の動きに解せぬところを感じ、不信感を募らせる。


ナルサス
パルス国のダルバンド内海沿岸に広がるダイラム地方の旧領主。二十六歳。 アルスラーン軍の軍師にしてアルスラーンの政治・軍事の師匠。

アンドラゴラス軍とルシタニア軍が正面から戦って、武勇を天下に誇示している間に、王都エクバターナを手中に収めようと計略を巡らせる。


エラム
ナルサスの侍童(レータク)。十三歳。王都に偵察の赴き、エクバターナの城頭にかかげられていたルシタニアの旗がひきずりおろされるのを目撃する。


ギーヴ
流浪の楽士を自称する美青年。頭髪は赤紫色。剣や弓の扱いから楽器、果ては女性の扱いにまでも優れる。特に弓の扱いに関しては神業的な腕前を誇る。

第二次アトロパテネの戦いにおいてルシタニア軍で最も高潔な騎士と謳われたモンフェラート将軍を討ち取り、パルス王室の財宝が暴兵に奪われることを防ぐ。


ファランギース
ミスラ神を信仰する女神官(カーヒーナ)。二十二歳。文武両道に優れる才女の上、黒絹の髪・緑玉の瞳・白珠の肌・糸杉の身体を持ち、「銀色の月のような」と称される、「自他共に認める」絶世の美女。

第二次アトロパテネの戦いにおいて騎馬隊を率い、ルシタニア軍の不意をつき、 ルシタニア王室の姻戚であるボノリオ公爵を馬上から射落とす。


アルフリード
ナルサスを慕うゾット族の娘。 ペシャワール付近にて、縄張りに侵入したヒルメス一党を父や手下と共に襲うものの返り討ちに遭い、父や手下を失う中、ナルサスに助けられ、そのままナルサスに同行し、父の敵討ちも兼ねてアルスラーン陣営に参加する。

王都エクバターナに戻り、インノケンティス七世を救うと言い張るエステルを説得する。


ジャスワント
アルスラーンの侍衛士。アルスラーンに命を助けられ、忠誠を誓ったシンドゥラ人。

浅黒い肌を持ち、武勇に優れ、その身のこなしは黒豹に例えられ、剣さばきはシンドゥラの太陽のように激烈であると評される。誠実で生真面目で義理堅く温厚な性格。

シンドゥラ人であり、パルス国内に精通していないため、事実をそのままに観察できるという理由で アンドラゴラス王のパルス軍と、ギスカールのルシタニア軍と、双方の動静を探る。


メルレイン
ゾット族の族長ヘイルターシュの息子にしてゾット族の族長代理。アルフリードの兄。

弓の扱いに優れ、「パルスで二番目の弓の名手」と自称する(後にギーヴとファランギースに出会ってこの売り文句を訂正する必要を認めた)。

秀麗な顔立ちながら常に不機嫌な表情をしている(ように見える)ため誤解されやすく、「愛嬌を落っことして生まれてきた」などと評される。

アルスラーンのもとに妹を残して自分ひとり村に帰るわけにもいかず、さしあたり、王都を奪還するまでは、つきあわざるえないような状況に陥っている。

王都奪還においては、アルスラーンから授かった「ゾットの黒旗」を掲げるゾット族を率いて勇戦し、エクバターナに入城する。


ザラーヴァント
アルスラーンの檄を受けてペシャワール城に馳せ参じた騎士。

ペシャワール城から逃亡後、ジムサとともにアトロパテネに逃亡中のルシタニア軍を偵察している際に、ダリューンと出くわしアルスラーンの軍に加わる。

再会したジャスワントに以前「黒犬」呼ばわりしたことを詫び、和解する。

第二次アトロパテネの戦いにおいてゴンサガ男爵と名乗る大男の騎士と格闘して首級を挙げる。


ジムサ
トゥラーン国最年少の武将で、童顔だが登場時には二十歳を超えている。馬上からの剣戟と毒を塗った吹き矢の名手。

ペシャワール城塞攻略に従軍し、ザラーヴァントに瀕死の重傷を負わせるが、クバードとの闘いに破れ、捕らわれの身になる。

ペシャワール城から逃亡後、 ザラーヴァントとともにアトロパテネに逃亡中のルシタニア軍を偵察している際に、ダリューンと出くわし、アルスラーンの軍に加わる。

新しい主君と仲間たちに、役立つ男であることをしめすために、無謀なほどの激しい突進を、何度もルシタニア軍に対してこころみる。


グラーゼ
パルス国の海上商人。三十歳。日に焼けて逞しい容貌の海の男。陽気で、見聞も広く、話術にも通じている。

南方ギランで武装商船「勝利(ピールズィー)号」を統率する実力者で パルス語、絹の国(セリカ)語を始めとして多言語(自称「挨拶ぐらいなら二十ヶ国語でできる」)を話す。弁舌、情報分析にも優れている。

ペシャワール城塞から放逐されたアルスラーン一行がギランを訪れた際の海賊討伐が縁でアルスラーン陣営に参加する。

アルスラーン軍の軍用金と糧食を管理し警備を担当し、 オクサス河の水路を利用して、二十万人の軍隊を半年にわたって維持できるほどの物資を最上流部まで運び、蓄積した。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
本は耳で聴く、新習慣。【Audible】 は、 人気作家のベストセラーから名作まで、プロの声優や著名人の朗読でお楽しみいただけます。

初回30日間は無料です。 | 人気作のサンプルを聴いてみる。 |



『パルス国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg アンドラゴラス三世
パルス国第十八代国王。アルスラーンの父で妻はタハミーネ。四十四歳。剛勇無双の持ち主で歴戦の勇者。

王位に就く前の大将軍時代にバダフシャーン公国を併合する。剣だけでなく鉄鎖術も巧みである。

エクバターナ解放戦の折に帰還したアルスラーンと再会し、今度は伝説の宝剣ルクナバードを奪おうとして対立、その直後に発狂したイノケンティス七世に羽交い絞めにされ、共に塔から落ちて死亡する。


タハミーネ
アルスラーンの母でパルスの王妃、後に王太后。年齢不詳の妖しい美貌を持つ物静かな絶世の美女。

息子アルスラーンに対し一貫して冷ややかな態度を取っている。




【武将】 1 黒_edited-2.jpg キシュワード
パルス国の武将で万騎長の一人。パルス歴代の武門の出で、二つの剣を使うことから「双刀将軍」(ターヒール)と呼ばれる。美髯を蓄えている。

アルスラーンとは二羽の鷹が縁で、昔から個人的な親交があった。

王都奪還戦ではルシタニア軍の双璧の1人ボードワン将軍を討ち取るなどの武勲を上げる。


クバード
パルス国の武将で万騎長の一人。左眼が一文字に潰れており、その傷は伝説上の怪物である「三頭竜(アジダハーカ)」と戦ったときの傷と嘯く。通称「ほら吹きクバード」。

キシュワードひとりに苦労させるのは気の毒だという理由からアンドラゴラス三世の元に残る。

アンドラゴラス三世復帰後は、主君に距離を置きつつも離脱したダリューンに代わり万騎長として、王都奪還戦に参戦する。

国王のために戦う意思はとぼしかったが、パルスの大地からルシタニア人をたたき出すのは望むところであった。


イスファーン
アルスラーンの檄を受けてペシャワール城に馳せ参じた騎士。

パルス国の武将。二十代前半。中背で引き締まった体、瞳は透き通った琥珀色。万騎長シャプールの異母弟。正妻によって母とともに冬山に捨てられた際に狼たちに守られたことから、「狼に育てられた者(ファルハーディン)」と呼ばれる。

真面目な性格で亡くなった兄を敬愛しており、本人に乞われてシャプールを射殺したギーヴに、事情を理解しながらも複雑な心情が拭えず、剣で斬りかかるなど激しい一面も見せる。

アンドラゴラス王のもと、王都奪還戦に参戦する。


トゥース
パルス国の武将。二十代後半で銀貨(ドラフム)のような瞳を持つ寡黙な男。ナバタイに伝わる鉄鎖術の達人。

南方ザラの守備隊長の任に就いていたが、第一次アトロパテネ会戦後、アルスラーンの檄を受けてペシャワール城塞に馳せ参じる。

元々寡黙であった鉄鎖術の達人は、王太子アルスラーンが追放されて以来、さらに寡黙になり、アンドラゴラス王に対して 礼節をおこたるようなことはなかったものの、明らかに、見えない壁をへだてて主君に接するようになる。


バルハイ
アンドラゴラス三世が復帰して兵権を握るとクバードの配下になり、彼のいい加減さに不平を洩らす。




【文官】 1 黒_edited-2.jpg ルーシャン
中書令。アルスラーンの檄を受けてペシャワール城に馳せ参じたレイの領主。

アンドラゴラス三世復権の際は立場がなくなり周囲から同情を受ける。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【ブック放題】
初月無料!スマホ・PCで雑誌、マンガ読み放題 まずは無料でお試しください!
雑誌170誌以上、マンガ20,000冊以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上が月額500円(税抜)で読み放題!
1 黒_edited-2.jpg



『ヒルメス』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg ヒルメス
第十七代国王オスロエス五世の子。先王オスロエス五世の嫡男であったが立太子されることはなく、子供の頃に叔父アンドラゴラスによって火事に見せかけた暗殺に遭い、公式には死亡とされた。

実際は未遂に終わったものの、顔の右半面に大火傷を負い、無意識に火を恐れるなど後の人生に影を落とすことになる。

エクバターナ攻防戦中に、サームが鍛えた三万の軍勢をひきいて王都エクバターナの占領を企てる。




【武将】 1 黒_edited-2.jpg サーム
アンドラゴラス三世配下の万騎長。怜悧で思慮深い人物。城砦の攻防に優れた手腕を有することから、第一次アトロパテネ会戦には参加せず王都エクバターナの守備の任についていた。

エクバターナ防衛戦で敗れて捕らえられた後、ヒルメスの秘密を知らされ、苦悩の末、ルシタニア人をパルスから追い出すことを条件に配下となり、参謀として活躍する。

アルスラーンがエクバターナ入城を果たした直後、ザッハーク一党の手から宝剣ルクナバードを守るために命を落とす。


ザンデ
アンドラゴラス三世配下の万騎長カーラーンの息子。父カーラーンの死後、ヒルメスに仕え、側近として活躍する。

ヒルメスの命で先発隊を指揮して秘密の地下道を使って城内への侵入を試みる。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
kuro.jpg 【 audiobook.jp 】
本を「耳で」読む新しい読書の形、“オーディオブック”。
書籍をプロのナレーターが朗読し、音声化したオーディオブックなら、 手が空いていない作業中や、移動中でも、手軽に読書をすることができるんです! | 詳細はこちら |




『ルシタニア国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg イノケンティス七世
ルシタニアの国王。王位には就いているが、実際にはイアルダボートの教え以外に何の関心も持たず、現実に困ったことがあると全て弟であるギスカールに押し付けていた。

王弟ギスカールの息がかかった医師たちによってイリーナに刺された傷の治療をおざなりにされ、半ば放置され、死にゆくにまかされている。

パルス軍を迎撃に出たギスカールが敗走したことで、今度はエクバターナを掌握したヒルメスにより北の塔で始末されそうになる。

丁度そこへアルスラーン、更にアンドラゴラスが乗り込んできて、ルクナバードを巡った親子対立が生じる。

そこに集った者たち全てが彼への関心を失った隙に狂信に突き動かされ、アンドラゴラス三世を羽交い絞めにして自らもろとも塔より墜落する。


ギスカール
イノケンティス七世の弟にして、有力な武人や豪族たちの信頼も厚いルシタニアの実質上の最高権力者。公爵。政治、軍事、両方ともに卓越した手腕を持つ一代の梟雄。

侵攻してくるパルス軍に押され気味のルシタニア軍の現状を打破するために兵士に死線させることを決意しモンフェラートに督戦隊の結成を命令する。




【騎士】 1 黒_edited-2.jpg ボードワン
モンフェラートと並ぶギスカールの腹心の部下で、ルシタニアでは数少ない大軍を指揮できる将軍。 ギスカールの切り札の一枚。

ルシタニアの先発隊を率いてパルス軍と戦ったが、キシュワードによって討ち取られる。


モンフェラート
ルシタニア軍で最も高潔な騎士と謳われる将軍。ギスカールから督戦隊の結成を命令され、 ルシタニア軍を伝説にあられる大章魚に等しいと揶揄する。


エルマンゴー
督戦隊の指揮官。逃げようとする味方を殺すという、おぞましい任務であったが、当の本人はそのことに気づいていなかった。

激戦の最中、逃げてくる味方の軍勢に矢を射かけている最中に、ファランギースによって射殺される。


ファン・カリエロ男爵
「サハルードの会戦」において崩れかけた左翼に投入された部隊の指揮官。 モンフェラート将軍の腹心。


プレージアン伯
増援部隊の指揮官。あまり深く物事を考えない人物だが、勇敢で戦いぶりに迫力がある。 遅れて参戦してきたダリューンによって討たれる。


ディブラン男爵
ギスカールから王都の警備を命じられていたがヒルメスに討ち取られる。


モンテセッコ
ルシタニア軍の騎士。第二次アトロパテネの戦いにおいてパルス軍の手応えのなさに違和感を覚える。


ボノリオ公爵
ルシタニア王室の姻戚。第二次アトロパテネの戦いにおいてファランギースに射殺される。


ゴンサガ男爵
大男の騎士。 第二次アトロパテネの戦いにおいてサラーヴァントと格闘して討ち取られる。


フォーラ
ゴンサガの弟。第二次アトロパテネの戦いにおいてダリューンに討ち取られる。


スフォルツァ
ルシタニア軍の騎士。第二次アトロパテネの戦いにおいてパルス軍の手応えのなさに違和感を覚える。ダリューンに討ち取られる。


ブラマンテ
ルシタニア軍の騎士。第二次アトロパテネの戦いにおいてメルレインに討ち取られる。


ゲルトマー
ルシタニア軍の騎士。パルスの財宝を命懸けで守ることが、ばかばかしくなり財宝を持ち逃げしようとして ギーヴに射落とされる。


エステル・デ・ラ・ファーノ(エトワール)
騎士見習い。茶褐色の髪に蜂蜜色の目の十四歳の少女。男装しエトワールと名乗り、バルカシオン伯に従軍するが実戦経験はない。

パルス軍が聖マヌエル城を落とした際に捕虜となるがアルスラーンから解放される。

大戦中は、アルスラーン陣営で戦を見守る。 大戦後、亡きインノケンティス七世の遺骨を故国ルシタニアに持ち帰る。


パラフーダ(ドン・リカルド)
ルシタニアの騎士。三十歳。騎士オラベリアの友人で、ギスカール公爵の命を受けた僚友に同行したものの、大地震に巻き込まれてデマヴァント山で行方不明となる。

迷い込んだ地下で蛇王ザッハークの影を見てしまい、髪も鬚も真っ白になるほどの恐怖で記憶を失う。その後、近くの村に保護され、白鬼(パラフーダ)と呼ばれていた。

大戦後はエステルと共にルシタニアへの帰路に着く。




【文官】 1 黒_edited-2.jpg オルガス
ルシタニアの宮廷書記官。ギスカールの元で実務の処理にあたる。ルシタニア人には数少ない有能な文官らしいが、武芸はからきしで、最下級の兵士にも劣る。

第二次アトロパテネ会戦にてダリューンによって捕らえられ、ギスカール捕縛の原因となる。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【楽天マガジン】
初回31日間0円!250誌以上の雑誌が読み放題!
ニュース、ビジネス、スポーツ、ファッションなど多彩なジャンルを取り扱っております。
楽天ポイントでもお支払い可能! | 詳細はこちら |
1 黒_edited-2.jpg



『マルヤム国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg イリーナ
マルヤムの内親王。国王ニコラオス四世と王妃エレノアの次女で、姉ミリッツァがいる。

白く秀麗な顔立ちで、黄銅色の髪をしているひどく儚げな美姫。眼病によって視力を失っている。

パルス軍の王都奪還後、ヒルメスとともにパルスを離れる。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【eBookJapan】
eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約50万冊の本を配信中) 。
特に漫画は約21万冊を揃えており、約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実! | 詳細はこちら |

1 黒_edited-2.jpg



『蛇王ザッハーク』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

尊師
蛇王ザッハークの復活を願う暗灰色の衣を纏った魔道士。王都エクバターナの地下に潜み、パルスの歴史に様々な形で関与しているとされる謎の老人である。

アンドラゴラス三世はもとより、オスロエス五世、さらにはゴタルゼス二世とも「旧知」であると称する。

アルスラーンがエクバターナ入城を果たした直後、宝剣ルクナバードを奪取しようと試みるが サームの捨て身の行動により失敗に終わり、アルスラーンによって討ち取られる


グルガーン
「尊師」の弟子の一人の魔道士。尊師と称される指導者の命を受け、プーラードとともに、ルシタニアの王弟ギスカールを誘拐するべく 王都の地下に潜んでいたが、功を逸ったプーラードの独行によって失敗に終わる。


プーラード
「尊師」の弟子の一人の魔道士。弟子の中では一番の未熟者。

アンドラゴラス三世率いるパルス軍との決戦を前に、野外に陣を張るギスカールを拉致しようとするが、夜襲をかけて本陣まで攻め込んできたイスファーンによって討ち取られる。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg
PR.jpg






【参考】 1 黒_edited-2.jpg
『田中芳樹 アルスラーン戦記 特設サイト | 光文社 』

『Wikipedia』




© 2019 neji.