『風塵乱舞(アルスラーン戦記)』登場人物【小説】 (著者:田中芳樹)

CSS入門 アルスラーン 3_edited-1.jpg

1 黒_edited-2.jpg
【Kindle Unlimited 読み放題】
豊富な本、コミック、雑誌および洋書を読み放題でお楽しみいただけます。 | 詳細はこちら |

いつでもどこでも読み放題。さまざまな端末で利用可能。| Kindle 無料アプリを表示 |
iOS,Andoroid,MacやPC版がございます。
PR.jpg 【アルスラーン戦記 コスプレ 衣装】エラム コスチューム



『主要人物』
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

アルスラーン
十四歳。パルスの国王(シャーオ)アンドラゴラス三世の子で、パルス国の若き王太子。

アンドラゴラス王の勅命に従い、パルス南部海岸地帯の港町ギランに向かい、 ギランに巣食う海賊や不正をはたらく役人や貴族を一掃した後、グラーゼをギランの提督に任ずる。


ダリューン
パルス国の武将で元万騎長(マルズバーン・一万の騎兵を指揮する将)。二十七歳。大将軍(エーラーン)ヴァフリーズの甥で、 十二人の万騎長の中では最も若年。

アンドラゴラス三世の復帰後、王臣でありながらも、王から離反しアルスラーンに従ってパルス南部海岸地帯の港町ギランに向かい、 海賊退治に乗り出し、捕獲後、尋問役を買って出る。その際に、ナルサスを魔道の画家に仕立て上げる。


ナルサス
パルス国のダルバンド内海沿岸に広がるダイラム地方の旧領主。二十六歳。 アルスラーン軍の軍師にしてアルスラーンの政治・軍事の師匠。

アンドラゴラス三世の復帰後、王臣でありながらも、王から離反しアルスラーンに従ってパルス南部海岸地帯の港町ギランに向かい、 軍船など一隻も用いず、三日のうちに、ギランをねらう海賊をことごとく、一掃すると明言する。


エラム
ナルサスの侍童(レータク)。十三歳。アンドラゴラス三世の復帰後、アルスラーンに従ってパルス南部海岸地帯の港町ギランに向かう。

アルフリードとは非友好的であり、「ナルサスがアルフリードと知り合ったことが生涯唯一の計算ちがい」と言ってアルフリードと 舌戦を繰り広げる。


ギーヴ
流浪の楽士を自称する美青年。頭髪は赤紫色。剣や弓の扱いから楽器、果ては女性の扱いにまでも優れる。特に弓の扱いに関しては神業的な腕前を誇る。

アンドラゴラス三世の復帰後、アルスラーンに従ってパルス南部海岸地帯の港町ギランに向かう。

ギランの提督であるペラギウスの官邸の女奴隷をたらしこみ、総督の秘密金庫の所在を突き止め、その鍵を盗み出す。


ファランギース
ミスラ神を信仰する女神官(カーヒーナ)。二十二歳。文武両道に優れる才女の上、黒絹の髪・緑玉の瞳・白珠の肌・糸杉の身体を持ち、「銀色の月のような」と称される、「自他共に認める」絶世の美女。

アンドラゴラス三世の復帰後、アルスラーンに従ってパルス南部海岸地帯の港町ギランに向かう。

絹の国の商人からの「生きたみやげ」である美女に成りすまし、ギランの提督であるペラギウスの邸宅に忍び込む。


アルフリード
ナルサスを慕うゾット族の娘。 ペシャワール付近にて、縄張りに侵入したヒルメス一党を父や手下と共に襲うものの返り討ちに遭い、父や手下を失う中、ナルサスに助けられ、そのままナルサスに同行し、父の敵討ちも兼ねてアルスラーン陣営に参加する。

アンドラゴラス三世の復帰後、アルスラーンに従ってパルス南部海岸地帯の港町ギランに向かう。

エラムとは非友好的であり、「ナルサスのおまけの分際」と言ってエラムと 舌戦を繰り広げる。


ジャスワント
アルスラーンの侍衛士。アルスラーンに命を助けられ、忠誠を誓ったシンドゥラ人。

浅黒い肌を持ち、武勇に優れ、その身のこなしは黒豹に例えられ、剣さばきはシンドゥラの太陽のように激烈であると評される。誠実で生真面目で義理堅く温厚な性格。

アンドラゴラス三世によって追放されたアルスラーンを慕い、ダリューンらとともにペシャワールを離脱し、アルスラーンと共に、パルス南部海岸地帯の港町ギランに向かう。

絹の国の商人からの「生きたみやげ」である美女の従者に成りすまし、ギランの提督であるペラギウスの邸宅に忍び込む。


『第5巻「征馬孤影」 第6巻「風塵乱舞」』

| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>>
1 黒_edited-2.jpg
【Fujisan.co.jp】
掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る雑誌のオンライン書店。
取り扱う雑誌の多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です! | 詳細はこちら |
1 黒_edited-2.jpg



『パルス国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg アンドラゴラス三世
パルス国第十八代国王。アルスラーンの父で妻はタハミーネ。四十四歳。剛勇無双の持ち主で歴戦の勇者。

王位に就く前の大将軍時代にバダフシャーン公国を併合する。剣だけでなく鉄鎖術も巧みである。

アルスラーンに対して追加の兵力を五万集めることを命じ、事実上パルス軍から追放する。

ペシャワール城にあって、大陸行路を西進して王都エクバターナを奪還する征旅につこうとしていたところ、 トゥラーン軍の攻撃を受ける。


タハミーネ
アルスラーンの母でパルスの王妃、後に王太后。年齢不詳の妖しい美貌を持つ物静かな絶世の美女。

息子アルスラーンに対し一貫して冷ややかな態度を取っている。

キシュワードが、偶然、見つけた大将軍ヴァフリーズが、万騎長バフマンに送った密書を召し上げる。




【武将】 1 黒_edited-2.jpg キシュワード
パルス国の武将で万騎長の一人。パルス歴代の武門の出で、二つの剣を使うことから「双刀将軍」(ターヒール)と呼ばれる。美髯を蓄えている。

アルスラーンとは二羽の鷹が縁で、昔から個人的な親交があった。

アンドラゴラス三世が復帰したため謹厳実直な性格から、主君への忠誠とアルスラーンへの好意の板ばさみとなり苦悩する。

軍師ナルサスが王太子アルスラーンとともにペシャワール城にあったとき、ごく短い期間に攻城軍を撃退する必要が生じた 際に読むようにと、一通の書状を託されていた。


クバード
パルス国の武将で万騎長の一人。左眼が一文字に潰れており、その傷は伝説上の怪物である「三頭竜(アジダハーカ)」と戦ったときの傷と嘯く。通称「ほら吹きクバード」。

キシュワードひとりに苦労させるのは気の毒だという理由からアンドラゴラス三世の元に残る。

死兵と化したトゥラーン軍の攻撃に苦戦しつつも「ときには武勲を立ててでかい面をする為の犠牲」という理由で トゥラーンの将軍・カルルックを討ち取る。


イスファーン
アルスラーンの檄を受けてペシャワール城に馳せ参じた騎士。

トゥラーンの将軍・ディザブロスを討ち取った後、イルテリシュをしつこく追い詰めるが逃げられる。

アルスラーンをシャワールから退去させたアンドラゴラス三世に対して不満を抱いている。


トゥース
アルスラーンの檄を受けてペシャワール城に馳せ参じた騎士。

口にはださないがイスファーン以上に、アンドラゴラス三世に対して不満を抱いている。


ザラーヴァント
アルスラーンの檄を受けてペシャワール城に馳せ参じた騎士。

捕虜であるトゥラーン軍の将軍ジムサの毒の吹き矢によって負傷し、壁一枚を隔てて療養していたが、 アルスラーンをペシャワールから退去させたアンドラゴラス三世に対して不満を抱いていおり、脱獄を企てていたジムサとともに、アルスラーンの後を追う。




【文官】 1 黒_edited-2.jpg ルーシャン
中書令。アルスラーンの檄を受けてペシャワール城に馳せ参じたレイの領主。

アンドラゴラス三世復権の際は立場がなくなり周囲から同情を受ける。


ペラギウス
アンドラゴラス三世の下でのギラン総督。在年三年。かつて宮廷書記官としてナルサスと机を並べていた。四十歳の貫禄のある人物。

ギランへ戦火が及ばないことをいいことに私腹を肥やしていたが、アルスラーンらによって不正を暴かれ、追放される。




【市民・その他】 1 黒_edited-2.jpg メルレイン
ゾット族の族長ヘイルターシュの息子にしてゾット族の族長代理。アルフリードの兄。弓の扱いに優れ、「パルスで二番目の弓の名手」と自称する

秀麗な顔立ちながら常に不機嫌な表情をしている(ように見える)ため誤解されやすく、「愛嬌を落っことして生まれてきた」などと評される。

父がヒルメスに殺害された後、敵討ちと息巻いて消息不明になった妹アルフリードを探している。

王都エクスバターナの王宮に忍び込んだ際に、偶然、エステルと出会い、銀仮面の男が部下をひきいて王宮に乱入してきた混乱に乗じて エステルとともに王宮を脱出し、アルスラーンの元へ赴く。


シャガード
ギランの豪商の一人。ナルサスの旧友で、アルスラーンに従うことを決めたナルサスはエラムを彼に預けようと考えていた。

かつては共に奴隷解放の理想を語り合った仲であったが、奴隷を労働力として使っていることなどから、いつしか偏向して奴隷制度を 肯定するようになっていた。

さらに海賊と謀ってギランを劫略、アルスラーンも捕らえようとするが、ナルサスの計略にはまり失敗、逃亡を図るが、告死天使(アズライール)の爪にえぐられて右頬を負傷し捕らえられる。

アルスラーンが彼に下した判決は、一年間、奴隷(ゴラーム)として実際に惨めな生活を体験させることであった。


グラーゼ
パルス国の海上商人。三十歳。日に焼けて逞しい容貌の海の男。陽気で、見聞も広く、話術にも通じている。

南方ギランで武装商船「勝利(ピールズィー)号」を統率する実力者で パルス語、絹の国(セリカ)語を始めとして多言語(自称「挨拶ぐらいなら二十ヶ国語でできる」)を話す。弁舌、情報分析にも優れている。

ペシャワール城塞から放逐されたアルスラーン一行がギランを訪れた際の海賊討伐が縁でアルスラーン陣営に参加。

ギランの他の商人にもアルスラーンへの協力を呼び掛けるなど、ギラン一帯でのアルスラーンの勢力基盤を築く一助となる。


ペナスカー、コージャ、ホーラム
ギランを代表する富商。海賊が鎮圧された後、アルスラーンに協力を申し出る。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【ひかりTVブック】
ひかりTVブックは国内最大級の電子書籍(コミック・文芸・写真集など)サイト。
割引/ポイントバックキャンペーンを定期的に実施しており、 更新頻度の高い無料作品キャンペーンが人気!

1 黒_edited-2.jpg



『ヒルメス』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg ヒルメス
第十七代国王オスロエス五世の子。先王オスロエス五世の嫡男であったが立太子されることはなく、子供の頃に叔父アンドラゴラスによって火事に見せかけた暗殺に遭い、公式には死亡とされた。

実際は未遂に終わったものの、顔の右半面に大火傷を負い、無意識に火を恐れるなど後の人生に影を落とすことになる。

ギスカール主導のイリーナによるルシタニア国王暗殺未遂を契機にルシタニア軍との決別を決意し、イリーナを救出後、王都エクスバターナを退散する。

逃走後、ギスカールからパルス貨幣一万枚の賞金をかけられる。




【武将】 1 黒_edited-2.jpg サーム
アンドラゴラス三世配下の万騎長。怜悧で思慮深い人物。城砦の攻防に優れた手腕を有することから、第一次アトロパテネ会戦には参加せず王都エクバターナの守備の任についていた。

エクバターナ防衛戦で敗れて捕らえられた後、ヒルメスの秘密を知らされ、苦悩の末、ルシタニア人をパルスから追い出すことを条件に配下となり、参謀として活躍する。


ザンデ
アンドラゴラス三世配下の万騎長カーラーンの息子。父カーラーンの死後、ヒルメスに仕え、側近として活躍する。

年齢は二十歳くらいの剛力を誇る巨漢で、剣よりも棍棒や槌鋒(メイス)をよく使う。

ヒルメスの正統性を心から信じ、絶対の忠誠を誓っている。斥候を用いて情報にも通じ、単なる膂力だけの男ではないことはヒルメスも認めている。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【ブック放題】
初月無料!スマホ・PCで雑誌、マンガ読み放題 まずは無料でお試しください!
雑誌170誌以上、マンガ20,000冊以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上が月額500円(税抜)で読み放題!
1 黒_edited-2.jpg



『ルシタニア国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg イノケンティス七世
ルシタニアの国王。王位には就いているが、実際にはイアルダボートの教え以外に何の関心も持たず、現実に困ったことがあると全て弟であるギスカールに押し付けている。

ボダンの出奔により実権を完全に掌握したギスカールにより、もはや不要と幽閉された上に「ルシタニアの国王」へ恨みを持つイリーナを仕向けられるも、イリーナが盲目だったことと分厚い脂肪が幸いして負傷に留まる。


ギスカール
イノケンティス七世の弟にして、有力な武人や豪族たちの信頼も厚いルシタニアの実質上の最高権力者。公爵。政治、軍事、両方ともに卓越した手腕を持つ一代の梟雄。

大司教ボダンがギスカールと対立しマルヤム国へ逃げ出す際に、王都の用水路を破壊したため、水不足の対処に頭を悩ませる。

アンドラゴラスとアルスラーンとが兵権をめぐって対決し、パルス軍が分裂することを期待していたが、アンドラゴラスが あっさりとパルス軍を掌握してしまい、アルスラーンが追放されてしまったことに落胆する。

追い詰められたギスカールは、エクスバターナ市民の皆殺しを提案した狂信的な兵士の五千人の一団を王都の外に出し、パルス軍が大攻勢をかけてきたときの 生きた防壁にしようと画策する。




【騎士】 1 黒_edited-2.jpg ゼリコ子爵
爵位を上げることをほのめかされ、逃亡したヒルメスとイリーナの追撃を命じられるが、サームによって返り討ちに会う。


エステル・デ・ラ・ファーノ(エトワール)
騎士見習い。茶褐色の髪に蜂蜜色の目の14歳の少女。男装しエトワールと名乗り、バルカシオン伯に従軍するが実戦経験はない。

パルス軍が聖マヌエル城を落とした際に捕虜となるがアルスラーンから解放される。

王弟ギスカールの手によって幽閉されたと思われる国王陛下、インノケンティス七世の救出を試み、 夜半にパルス王宮へ侵入するが捕らわれの身となり、地下牢に幽閉されかける。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
kuro.jpg 【 audiobook.jp 】
本を「耳で」読む新しい読書の形、“オーディオブック”。
書籍をプロのナレーターが朗読し、音声化したオーディオブックなら、 手が空いていない作業中や、移動中でも、手軽に読書をすることができるんです! | 詳細はこちら |




『トゥラーン国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg イルテリシュ
ナルサスの計略に陥り、パルス軍に敗北して弱気になっていた国王トクトミシュを殺害し、一時的に王位に即く。

全軍を率いて北方からペシャワール城に肉薄する。パルス軍の罠にはまり苦境に陥るが、イルテリシュの勇猛さは 尋常ではなく巧妙な罠をかいくぐり、厚い包囲網を突破して逃げおおせるも、

単身彷徨っているところを蛇王ザッハークの依り代として魔導士のグルガーンらに捕らえらる。




【将軍】 1 黒_edited-2.jpg カルルック
トゥラーンの有力な将軍。槍の名手。他国に使者として赴くなど、見聞の広い貴重な人材であるが、 それを鼻にかけるところが多少あり、若くて気性が烈しいイルテリシュの反感を買っている。

ペシャワール攻城戦におけるパルス軍との戦いに際に、クバードから「ときには武勲を立ててでかい面をする為の犠牲」と言われ、討ち取られる。


ボイラ
トゥラーンの将軍。勇将として知られる。キシュワードとの対決は一度は互角に渡り合い引き分けるが、再戦し戦死する。


ディザブロス
トゥラーンの将軍。ペシャワールの戦いでイスファーンに馬上から斬って落とされる。


ジムサ
トゥラーン国最年少の武将で、童顔だが登場時には二十歳を超えている。馬上からの剣戟と毒を塗った吹き矢の名手。

ペシャワール城塞攻略に従軍し、ザラーヴァントに瀕死の重傷を負わせるが、クバードとの闘いに破れ、捕らわれの身になる。

ペシャワール城の地下牢に放り込まれるが、 アンドラゴラス三世が復帰し処刑されることが決まったため、キシュワードの配慮とザラーヴァントの手引きでペシャワール城塞を離脱、放逐されたアルスラーン一行に合流することを決意する。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【楽天マガジン】
初回31日間0円!250誌以上の雑誌が読み放題!
ニュース、ビジネス、スポーツ、ファッションなど多彩なジャンルを取り扱っております。
楽天ポイントでもお支払い可能! | 詳細はこちら |
1 黒_edited-2.jpg



『マルヤム国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg イリーナ
マルヤムの内親王。国王ニコラオス四世と王妃エレノアの侍女で、姉ミリッツァがいる。

白く秀麗な顔立ちで、黄銅色の髪をしているひどく儚げな美姫。眼病によって視力を失っている。

メルレインの案内で王都エクバターナへとたどり着くが、臣下から引き離され、一人で王宮の一室に幽閉される。

ギスカールによってインノケンティス七世を殺害するように仕向けられるが未遂に終わる。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【eBookJapan】
eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約50万冊の本を配信中) 。
特に漫画は約21万冊を揃えており、約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実! | 詳細はこちら |

1 黒_edited-2.jpg




『シンドゥラ国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg ラジェンドラ二世
アルスラーンのことを「我が心の兄弟」と呼ぶシンドゥラ国王。

アルスラーンのことを勝手に弟分と見なしており、アルスラーンの不遇を同情する。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【honto】
電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!
お買い物で、ネットだけでなく全国の丸善、ジュンク堂、文教堂の提携書店で使えるhontoポイントが貯まってとってもお得♪ | 詳細はこちら |
1 黒_edited-2.jpg



『蛇王ザッハーク』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

グルガーン
魔道士。「尊師」の弟子の一人で筆頭的な存在。パルスに敗れ、単身逃亡中のトゥラーン国王イルテリシュを蛇王ザッハークの依り代にするために捕獲する。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg



2016年7月より、荒川弘版の漫画を原作として、第2期アニメ化。
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


『アルスラーン戦記 風塵乱舞』

(著者)田中芳樹


武闘派部族・トゥラーンを相手に、新たな決意を抱いた殿下の雄姿からはじまり、 力を蓄えるべく向かった港町・ギランでの出来事、そして「王都奪還」への新たな決意が描かれている。

1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg






【参考】 1 黒_edited-2.jpg
『田中芳樹 アルスラーン戦記 特設サイト | 光文社 』

『Wikipedia』

『アニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」公式サイト』




© 2019 neji.