『落日悲歌(アルスラーン戦記)』あらすじ【小説】 (著者:田中芳樹)

CSS入門 アルスラーン 3_edited-1.jpg

1 黒_edited-2.jpg
【Kindle Unlimited 読み放題】
豊富な本、コミック、雑誌および洋書を読み放題でお楽しみいただけます。 | 詳細はこちら |

いつでもどこでも読み放題。さまざまな端末で利用可能。| Kindle 無料アプリを表示 |
iOS,Andoroid,MacやPC版がございます。
PR.jpg こえだらいずR ラバーストラップコレクション アルスラーン戦記 BOX



『主要人物』
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

アルスラーン
十四歳。パルスの国王(シャーオ)アンドラゴラス三世の子で、パルス国の若き王太子。

後顧の憂いを絶ち切るため、シンドゥラ国と攻守同盟を結ぶため ラジェンドラ王子の王位継承の後押しを決意する。

王位継承戦を経て、シンドゥラに居場所を失ったシンドゥラ人のジャスワントをパルスに誘う。


ダリューン
パルス国の武将で元万騎長(マルズバーン・一万の騎兵を指揮する将)。二十七歳。大将軍(エーラーン)ヴァフリーズの甥で、十二人の万騎長の中では最も若年。

黒い甲冑と真紅の裏地の黒マントを身に纏い、黒毛の愛馬・黒影号(シャブラング)を駆る黒衣の騎士。剣をはじめ、弓や投げ槍など数々の武技に優れる。

過去に大陸公路最強と謳われたトゥラーンの王弟を馬上から切り伏せたこともあり、大陸公路有数の戦士として名を馳せている。

シンドゥラ王位継承戦役では、王位を賭けた「神前決闘」においてラジェンドラ王子の代理人を務め、 ガーデーヴィ王子の代理人を打ち破り、シンドゥラにもその武勇を轟かせ 「猛虎将軍」(ショラ・セーナニー/シンドゥラでの呼び名)という異名で呼ばれる。


ナルサス
パルス国のダルバンド内海沿岸に広がるダイラム地方の旧領主。二十六歳。 アルスラーン軍の軍師にしてアルスラーンの政治・軍事の師匠。

ラジェンドラ王子をシンドゥラ国の王位につけ、後方の憂いをすべて絶ってから、王都エクバターナの奪還を目指して 西へ兵を進める計画を立てる。

シンドゥラ国内に流言を広め、王位継承問題においてラジェンドラ王子が後に引けないような状況を作り出す。 パルス国に頼らざる得ない状況を作り出し、盟約を強引に成立させる。

死の誘惑にとらわれている老雄バフマンには、もはや最上の死場所を与えてやる以外にやることはないと考え、 シンドゥラへの遠征軍に加える。

王位継承戦後のラジェンドラ王子の裏切りを逆手にとり、三年間の不可侵条約を結ばせる。


エラム
ナルサスの侍童(レータク)。十三歳。

グジャラート城の攻防戦において、アルスラーンになりすまして、わざと孤立し敵の油断を誘う。


ギーヴ
流浪の楽士を自称する美青年。頭髪は赤紫色。剣や弓の扱いから楽器、果ては女性の扱いにまでも優れる。特に弓の扱いに関しては神業的な腕前を誇る。

グジャラート城に籠城するガーデーヴィ軍に対して無血開城を呼びかける使者として、通訳のジャスワントとともに城を訪れ、 ジャスワントが敵方と内通するように仕向ける。

王家というものを嫌っており、ナルサスにアルスラーンの出生について意見を聞かれた際に 「むしろ、あの王子さまが、正統な血なんぞひいていないほうが、おもしろい。 おれはアルスラーン殿下のために、なにかしてさしあげたいとは思うが、パルス王家に忠誠を誓う気なんかない。 王家が、おれにいったい何をしてくれたというんだ?」と返答する。


ファランギース
ミスラ神を信仰する女神官(カーヒーナ)。二十二歳。文武両道に優れる才女の上、黒絹の髪・緑玉の瞳・白珠の肌・糸杉の身体を持ち、「銀色の月のような」と称される、「自他共に認める」絶世の美女。

ミスラ神殿がアルスラーン生誕時にその名で寄進されたものであることから、第一次アトロパテネ会戦の敗戦の報を受けた神殿よりアルスラーンを守護するべく派遣された(実際にはその名目で追い出された可能性が高い)。

相当な酒豪でもあり、ギーヴやラジェンドラが束になっても敵わなかった。

ナルサスに頼まれ、バフマンの言動にそれとなく気にかけるうちに、 バフマンが死を覚悟していることを確信する。


アルフリード
ナルサスを慕うゾット族の娘。 ペシャワール付近にて、縄張りに侵入したヒルメス一党を父や手下と共に襲うものの返り討ちに遭い、父や手下を失う中、ナルサスに助けられた。そのままナルサスに同行し、父の敵討ちも兼ねてアルスラーン陣営に参加する。

ペシャワール城砦に攻め込んできた、シンドゥラ国のラジェンドラ王子の乗馬を射て、彼を捕らえるという功績を挙げる。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【ひかりTVブック】
ひかりTVブックは国内最大級の電子書籍(コミック・文芸・写真集など)サイト。
割引/ポイントバックキャンペーンを定期的に実施しており、 更新頻度の高い無料作品キャンペーンが人気!

1 黒_edited-2.jpg



『パルス国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg アンドラゴラス三世
パルス国第十八代国王。アルスラーンの父で妻はタハミーネ。四十四歳。剛勇無双の持ち主で歴戦の勇者。

王位に就く前の大将軍時代にバダフシャーン公国を併合する。剣だけでなく鉄鎖術も巧みである。

四カ月にわたり、王都の地下牢に幽閉され、毎日の拷問によって、その容貌は半獣人を思わせるものと化しているが その眼力は、力を失っていない。


タハミーネ
アルスラーンの母でパルスの王妃、後に王太后。年齢不詳の妖しい美貌を持つ物静かな絶世の美女。

息子アルスラーンに対し一貫して冷ややかな態度を取っている。

王宮内に軟禁されており、インノケンティウス七世の求愛をはぐらかし、いっこうに王の要求に応えようとしない。


オスロエス五世
パルス第十七代国王。アンドラゴラス三世の兄でヒルメスの父。享年三十歳。 国王としてはさほど目立った功績をあげてはいない。

即位した当時はアンドラゴラスとは良好な関係であったが、バダフシャーン公国併呑後、タハミーネを巡って険悪な間柄となる。

王宮からアンドラゴラスとその与党を一掃したが、その後、落馬による負傷がもとで病となり病没した。しかしその死についてはさまざまな憶測が残されている。


ゴタルゼス二世
アルスラーンの祖父でパルス第十六代国王。オスロエス五世とアンドラゴラス三世の父。 享年六十一歳。

三十年の在位中は内政・外交ともに優れた手腕を示し「大王」と呼ばれたが、とにかく迷信深いという欠点があり、晩年特にその傾向が強くなり、宮廷の混乱を招いた。

若かりし頃にある予言を受け、それを盲信してしまったことがパルス王家の混乱のきっかけとなった。




【武将】 1 黒_edited-2.jpg キシュワード
アンドラゴラス三世の下での万騎長の一人。パルス歴代の武門の出で、二つの剣を使うことから「双刀将軍」(ターヒール)と呼ばれる。美髯を蓄えている。

アルスラーンとは二羽の鷹が縁で、昔から個人的な親交があった。

第一次アトロパテネ会戦時は、僚友である万騎長バフマンとともに東方国境のペシャワール城塞の守護の任についており、敗戦の難を逃れた。

戦場を離脱しペシャワール城塞に辿り着いたアルスラーンらを迎え入れ、ルシタニア軍追討に邁進する。

シンドゥラ国から帰国したナルサスに、もし、アルスラーン殿下がパルス王家の血をひいていなかったとしても、己の忠誠は変わらないと告げる。


バフマン
アンドラゴラス三世の下での万騎長の一人。歴戦の老将で、六十二歳の年齢は万騎長の中で最年長。大将軍ヴァフリーズとは四十五年来の戦友の間柄。

髪も髭も灰色ではあるが、身体は老人とは思えないほどたくましい。歴戦の最古参将軍であり、戦場での駆け引きや兵団の士気統率にかけては右に出るものがいない。

第一次アトロパテネ会戦時には、キシュワードと共にペシャワール城塞の守備の任に就いていた。会戦に先だって旧友のヴァフリーズから 手紙を受け取って以来、精彩を欠くようになる。

アルスラーンに従いシンドゥラの王位継承戦に参戦した際に、 ガーデーヴィの投げ槍に貫かれ戦死する。

兵の統率は巧みでありその死を惜しまれた。 彼が率いた兵士はダリューンが引き継いだ。


クバード
アンドラゴラス三世の下での万騎長の一人。 左眼が一文字に潰れており、その傷は伝説上の怪物である「三頭竜(アジダハーカ)」と戦ったときの傷と嘯く。通称「ほら吹きクバード」。

第一次アトロパテネ会戦の敗戦以来、行方不明になっていたが、 大陸公路にほど近い山間に宿営し、完全に盗賊と化しているルシタニア人たちを退治して、農民たちから礼として 酒や女や食料を受け取って暮らしていた。

その後、人づきあいが面倒になって洞窟で暮らしていたが、 話を聞きつけた万騎長のサームの訪問をうけ、ザーブル城の鎮圧に参加するが、ヒルメスの不興を買い、ヒルメス軍から離脱する。


『第3巻「落日悲歌」 第4巻「汗血公路」』

| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>>
1 黒_edited-2.jpg
【ブック放題】
初月無料!スマホ・PCで雑誌、マンガ読み放題 まずは無料でお試しください!
雑誌170誌以上、マンガ20,000冊以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上が月額500円(税抜)で読み放題!
1 黒_edited-2.jpg



『銀仮面卿(ヒルメス)』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg 銀仮面卿(ヒルメス)
ルシタニア軍を率いる王弟ギスカールの非公式の参謀であり、遠征軍の地理案内役であり、ギスカールも正体を知らない男。

銀色の仮面を人前では絶対にはずさない。武勇に優れ、その実力はダリューンと比べてもひけをとらない。

第十七代国王オスロエス五世の子。先王オスロエス五世の嫡男であったが立太子されることはなく、子供の頃に叔父アンドラゴラスによって火事に見せかけた暗殺に遭い、公式には死亡とされた。

実際は未遂に終わったものの、顔の右半面に大火傷を負い、無意識に火を恐れるなど後の人生に影を落とすことになる。

アルスラーンの命を狙ってペシャワール城塞を訪れたが、アルスラーンたちがシンドゥラに向かって出陣してしまったために、 王都エクバターナへ帰還する。

ギスカールにザ―ブル城に立て籠もる大司教ジャン・ボダン率いる聖堂騎士団の討伐を依頼される。




【武将】 1 黒_edited-2.jpg サーム
アンドラゴラス三世配下の万騎長。怜悧で思慮深い人物。城砦の攻防に優れた手腕を有することから、第一次アトロパテネ会戦には参加せず王都エクバターナの守備の任についていた。

エクバターナ防衛戦で敗れて捕らえられた後、ヒルメスの秘密を知らされ、苦悩の末、ルシタニア人をパルスから追い出すことを条件に配下となり、参謀として活躍する。

ヒルメスからザ―ブル城に立て籠もる大司教ジャン・ボダン率いる聖堂騎士団の討伐について相談され、 大義名分があれば、公然と兵が集められ、ルシタニアの費用を使って、兵士と武器を揃えることができるうえに 、ギスカールに恩を売ることができると進言する。

十七年前の第十七代 オソロエス五世の不審な急死に疑問を抱き、地下牢に幽閉されているアンドラゴラス王のもとを訪れる。


ザンデ
アンドラゴラス三世配下の万騎長カーラーンの息子。父カーラーンの死後、ヒルメスに仕え、側近として活躍する。

年齢は二十歳くらいの剛力を誇る巨漢で、剣よりも棍棒や槌鋒(メイス)をよく使う。

ヒルメスの正統性を心から信じ、絶対の忠誠を誓っている。斥候を用いて情報にも通じ、単なる膂力だけの男ではないことはヒルメスも認めている。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
kuro.jpg 【 audiobook.jp 】
本を「耳で」読む新しい読書の形、“オーディオブック”。
書籍をプロのナレーターが朗読し、音声化したオーディオブックなら、 手が空いていない作業中や、移動中でも、手軽に読書をすることができるんです! | 詳細はこちら |




『ルシタニア国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg イノケンティス七世
ルシタニアの国王。王位には就いているが、実際にはイアルダボートの教え以外に何の関心も持たず、現実に困ったことがあると全て弟であるギスカールに押し付けている。

パルスの王女タハミーネに夢中になっており、王宮内に軟禁し、せっせと贈り物をする一方で、 イアルダボート教への改宗をすすめている。


ギスカール
イノケンティス七世の弟にして、有力な武人や豪族たちの信頼も厚いルシタニアの実質上の最高権力者。公爵。政治、軍事、両方ともに卓越した手腕を持つ一代の梟雄。

ギスカールとの内部対立の挙句、ザ―ブル城に立て籠もった大司教ジャン・ボダン率いる聖堂騎士団の討伐を 銀仮面(ヒルメス)に依頼する。

パルス王家の一員だと称する銀仮面(ヒルメス)の素性を探ろうとするが、王都エクバターナ占領後、 大司教ジャン・ボダンが、大規模な焚書をおこなった際に、パルスの国政や宮廷内の秘事に関する 書物を焼いてしまったために判明できずにいる。




【聖職者】 1 黒_edited-2.jpg ジャン・ボダン
ルシタニア王国国教会の大司教。異端審問官(インクイシチア)。異教徒やそれに関わるというだけで焚書、虐殺などを当然のように行う完全な狂信者。

ギスカールとの内部対立の挙句、聖堂騎士団を率いて、王都を離脱し、西北にあるザ―ブル城に立て籠もり、インノケンティウス七世に 理不尽な要求を突きつける。




【文官】 1 黒_edited-2.jpg オルガス
ルシタニアの宮廷書記官。ギスカールの元で実務の処理にあたる。ルシタニア人には数少ない有能な文官らしいが、武芸はからきしで、最下級の兵士にも劣る。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【楽天マガジン】
初回31日間0円!250誌以上の雑誌が読み放題!
ニュース、ビジネス、スポーツ、ファッションなど多彩なジャンルを取り扱っております。
楽天ポイントでもお支払い可能! | 詳細はこちら |
1 黒_edited-2.jpg



『シンドゥラ国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg ラジェンドラ
シンドゥラ国王カリカーラ二世の庶子で、異母兄ガーデーヴィと王位をめぐり争っていた王子。二十四歳。 奴隷を母にもつ。

小麦色の肌に、鑿で削ったような深い目鼻だちをしており、笑うと蕩けるような愛嬌がある。

王宮にこもりがちなガーデーヴィと違い、気軽に町に出ては庶民と気さくに接することから、下級兵士や 貧しい民衆に親しまれている。ただ血統が弱いため貴族層の支持はあまり無い。

カリカーラ王の昏倒後、ガーデーヴィとの後継者争いにおける点数稼ぎを目的にペシャワール城に侵攻するが、 ナルサスの策略にかかり、アルフリードに捕らえられる。

捕虜として連行されたパルス陣営でアルスラーンから盟約を提案されて承諾し、パルス軍の活躍によって 宿敵のガーデーヴィ軍を撃破する。

さらには神前決闘において、自身の代理人になったダリューンが決闘に勝利したことで正式に後継者に 定められ、シンドゥラ国王に即位する。


ガーデーヴィ
シンドゥラの王子。ラジェンドラより1カ月年長の異母兄であり、政敵でもある。 かつてはマヘーンドラの娘サリーマをめぐる恋敵でもあった。

ラジェンドラに比べ世間知らずで、感情的になりやすく部下に当たり散らし、 自分への忠誠と貢献を当然のものと思っているなど、君主の器としてはかなり劣る。

目下の者への心配りができないため民衆には人気がないが、領主や諸侯からは支持されていた。


カリカーラ二世
シンドゥラ国王。五十二歳。シンドゥラ国を大過なく治めてきたが、十年前に王妃が死去した後、 公然と美女あさりをはじめ、あやしげな強精剤を酒とともに大量摂取した結果、半年前に突然 倒れて昏睡状態に陥る。

彼が王太子を指名しないうちに倒れたことが、ラジェンドラとガーデーヴィの争いの一因と なっている。

二人の争いのさなかに目を覚まし、神前決闘により決着をつけるよう言い渡し、敗者ガーデーヴィ の今後を憂えながら没した。




【文官】 1 黒_edited-2.jpg マヘーンドラ
シンドゥラの世襲宰相(ペーシュワー)で、ジャスワントの主君。国政では安定した業績を挙げている。 娘サリーマをガーデーヴィに嫁がせており、ガーデーヴィ派の重鎮である。

神前決闘の結果に異議を唱え、 錯乱したガーデーヴィの投槍により命を落とす。

彼が主君ガーデーヴィに殺されたという事実は、ガーデーヴィ派に激しい動揺を与え、ガーデーヴィの 反乱が失敗する大きな一因となった。




【武将】 1 黒_edited-2.jpg プラダーラタ
シンドゥラのガーデーヴィ派の将軍。偃月刀を操る屈強の戦士。カーヴァリー河を越えたアルスラーン・ラジェンドラ連合軍を迎え撃つが、 ダリューンによって討ち取られる。


ゴーヴィン
シンドゥラのガーデーヴィ派の将軍。グジャラート城の城司。ラジェンドラ派と連合を組んだパルス軍に夜襲をしかけるが、ナルサスの奇計に嵌り失敗する。ダリューンの投槍によって討ち取られる。


ターラ
シンドゥラのガーデーヴィ派の将軍。グジャラート城の副城司。ラジェンドラ派と連合を組んだパルス軍に夜襲をしかけるが、ナルサスの奇計に嵌り失敗する。ファランギースに討ち取られる。


プラケーシン
シンドゥラのガーデーヴィ派の将軍。グジャラート城の副城司。巨体を持ち大刀をふるう。ダリューンによって倒される。


クンタヴァー
シンドゥラのラジェンドラ派の将軍。神前決闘の判決に異を唱え、逃亡したガーデーヴィの隠れた先の密告を受け、彼を捕える。

シンドゥラ王位継承戦役終了後、シンドゥラのパルス軍への援軍の指揮官となり、ラジェンドラの計略によってパルス軍に混乱をもたらすはずが、ナルサスに見抜かれ討たれる。




【市民・その他】 1 黒_edited-2.jpg ジャスワント
シンドゥラ国ガーデーヴィ王子派の世襲宰相(ペーシュワー)マヘーンドラの部下。

浅黒い肌を持ち、武勇に優れ、その身のこなしは黒豹に例えられ、剣さばきはシンドゥラの太陽のように激烈であると評される。

ガーデーヴィが王位継承をラジェンドラと争う中、密偵としてラジェンドラ軍に参加し、アルスラーンに三度、 命を助けられる。

ガーデーヴィが敗死したことで行き場を失うが、命の恩人でもあるアルスラーンに誘われて 陣営に加わる。


バハードゥル
神前決闘(アディカラーニャ)でガーデーヴィの代理戦士として指名された男。身長二ガズ(二m)を超える巨漢で、知性の欠片も見られない、まさに野獣である。

ラジェンドラによれば「鮫と同じ」で痛みを感じるということがなく、死ぬまで戦うといわれており、あまりの凶暴性ゆえか鎖につながれていたが、ラジェンドラの代理戦士となったダリューンに対抗すべくガーデーヴィによって解放される。

激闘の末、ダリューンに討ち取られる。


サリーマ
シンドゥラの世襲宰相マヘーンドラの娘で、「ラクシュミー女神の落し子」と呼ばれるほどの美姫。 ガーデーヴィ王子の妻。

ガーデーヴィとラジェンドラが恋敵として争ったほどの美貌に加えて聡明さと苛烈なまでの決断力をあわせ持つ女性。

神前決闘後に父マヘーンドラをガーデーヴィに殺された後、逃亡したガーデーヴィをかくまうふりをして捕らえ、ガーデーヴィの競争相手であるラジェンドラ王子のもとに引き渡し、父の仇をとった。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【eBookJapan】
eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約50万冊の本を配信中) 。
特に漫画は約21万冊を揃えており、約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実! | 詳細はこちら |

1 黒_edited-2.jpg



『蛇王ザッハーク』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

サンジェ
「尊師」の弟子の一人の魔道士。地行術(ガーダック)と似た術を使う。

「尊師」よりバフマンが所有する ヴァフリーズの密書を奪う命を受け、ペシャワールへ城塞へ侵入するが、ナルサスの計略にはまって左腕を失う。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【honto】
電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!
お買い物で、ネットだけでなく全国の丸善、ジュンク堂、文教堂の提携書店で使えるhontoポイントが貯まってとってもお得♪ | 詳細はこちら |
1 黒_edited-2.jpg



荒川弘の作画で『別冊少年マガジン』2013年8月号より連載中。
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


『アルスラーン戦記(7)』

(著者)荒川 弘


東の国境防衛の要、ペシャワール城で王太子・アルスラーンのもと再び結集した英雄たち。

パルス奪還を目指し、王の道を歩むアルスラーンだが、銀仮面との邂逅がその信念を揺るがす・・・

苦悩する幼き王太子に新たな敵の報せが届く! 隣国シンドゥラの王子・ラジェンドラが5万の大軍を率いてパルスに侵攻。

これを500の兵で打ち破ろうとする天才軍師・ナルサスの智略! 

反撃の進軍! 異国の地でアルスラーンを待ち受ける運命は!

1 黒_edited-2.jpg




『アルスラーン戦記(8)』

(著者)荒川 弘


王位継承争いに揺れる隣国シンドゥラ。

王都奪還のため、国境付近の憂いをなくしたいアルスラーン一行は、弟王子・ラジェンドラと攻守同盟を結び、王位継承戦に参戦する。

目指すは、兄王子・ガーデーヴィのいる国都ウライユール!

しかしガーデーヴィが誇る、不敗にして無敵の戦象部隊と兵力15万の大軍がその行く手を阻む!

仲間を信じる・・・。

王太子・アルスラーンの決断がもたらすのは!?

王位を懸けた最終戦、神前決闘開幕!

1 黒_edited-2.jpg




『アルスラーン戦記(9)』

(著者)荒川 弘


王太子・アルスラーン、パルス帰還へ!

アルスラーン率いるパルス奪還軍は、隣国シンドゥラの王位継承戦の渦中にいた。

アルスラーン軍の助力により、王位を懸けた“神前決闘”に勝利したラジェンドラ。

新たな国王誕生の歓喜は、しかし敗れたガーデーヴィの謀反によって一転する・・・。

波乱に満ちた王位戦の終結。

そして少年を襲う新たな裏切り! 王都奪還を目指す、王太子・アルスラーンの命運は・・・!?

戦いの地は再びパルスへ!

1 黒_edited-2.jpg



2015年4月より、荒川弘版の漫画を原作として、テレビアニメ化。
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


『アルスラーン戦記 ~王都奪還 出撃篇~』

(著者)田中芳樹


アルスラーン殿下と仲間たちの旅路を追う。 “少年ひとり、騎士ひとり”からはじまり、自らの出自に悩みながらも、ダリューン、ナルサス、エラム、ギーヴ、 ファランギースに支えられ、“王都奪還の刃”を掲げ、出撃するまで、アルスラーン殿下とその一行の軌跡を今一度、辿ろう!

1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg






【参考】 1 黒_edited-2.jpg
『田中芳樹 アルスラーン戦記 特設サイト | 光文社 』

『Wikipedia』

『アニメ「アルスラーン戦記」公式サイト』




© 2019 neji.