『王子二人(アルスラーン戦記)』登場人物【小説】 (著者:田中芳樹)

CSS入門 アルスラーン 3_edited-1.jpg

1 黒_edited-2.jpg
【Kindle Unlimited 読み放題】
豊富な本、コミック、雑誌および洋書を読み放題でお楽しみいただけます。 | 詳細はこちら |

いつでもどこでも読み放題。さまざまな端末で利用可能。| Kindle 無料アプリを表示 |
iOS,Andoroid,MacやPC版がございます。
PR.jpg アルスラーン戦記 ステンドグラスキーホルダー 「アルスラーンの紋章」



『主要人物』
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

アルスラーン
十四歳。パルスの国王(シャーオ)アンドラゴラス三世の子で、パルス国の若き王太子。

バルス国に存在する「奴隷制度の是非」に悩むつつも、執拗なルシタニア軍からの追撃から逃れ、カシャーン城塞に到着する。

奴隷制度の存続を望む城主ボディールの反逆に遭ったアルスラーン一行は、ボディールを討ち倒して奴隷を解放するものの、奴隷達からは「主人殺し」と責め立てられ、奴隷制度をなくすことの難しさに困惑する。

カシャーン城塞の反乱を鎮圧し、ペシャワール城を目指す途中、ルシタニア軍の追撃により、仲間と散りじりになり、 エラムとギーヴと同行することになる。元奴隷の子であるエラムを友として接して親交を重ねる。


ダリューン
パルス国の武将で元万騎長(マルズバーン・一万の騎兵を指揮する将)。二十七歳。大将軍(エーラーン)ヴァフリーズの甥で、十二人の万騎長の中では最も若年。

黒い甲冑と真紅の裏地の黒マントを身に纏い、黒毛の愛馬・黒影号(シャブラング)を駆る黒衣の騎士。剣をはじめ、弓や投げ槍など数々の武技に優れる。

過去に大陸公路最強と謳われたトゥラーンの王弟を馬上から切り伏せたこともあり、大陸公路有数の戦士として名を馳せている。

アルスラーンたちとはぐれ、ファランギースとともに一番分厚い敵の包囲網を突破し、 勝負を挑んできたカーラーンの息子ザンデに実力の差を見せつけ、敗走させる。


ナルサス
パルス国のダルバンド内海沿岸に広がるダイラム地方の旧領主。二十六歳。 アルスラーン軍の軍師にしてアルスラーンの政治・軍事の師匠。

アルスラーンたちとはぐれ、一人でペシャワール城塞へ向かっている際に、一族を銀仮面卿(ヒルメス)に 殺されたゾット族の娘、アルフリードを救う。

アルフリードとともに馬を休息させるため、小さな村を訪れるが、その村の住民はすべて下半身に致命傷を負って死に絶えており、 自身も夜半に、地中を潜航する奇妙な影に命を狙われる。

銀仮面卿(ヒルメス)の「仮面でかくしてルシタニア人の手先となり、仮面をはずして解放者をよそおい、パルスの国王を称する」という 思惑を看破したために、銀仮面卿(ヒルメス)の怨みをかうこととなる。


エラム
ナルサスの侍童(レータク)。十三歳。

カシャーン城塞の反乱を鎮圧し、ペシャワール城を目指す途中、ルシタニア軍の追撃により、仲間と散りじりになり、 アルスラーンとギーヴと同行することになる。アルスラーンから友として接しられ、戸惑う。


ギーヴ
流浪の楽士を自称する美青年。頭髪は赤紫色。剣や弓の扱いから楽器、果ては女性の扱いにまでも優れる。特に弓の扱いに関しては神業的な腕前を誇る。剣技についても、銀仮面ヒルメスの猛攻をしのぎ切るなど、ダリューン・ヒルメスには譲るものの相当の腕の持ち主。

カシャーン城塞の反乱を鎮圧し、ペシャワール城を目指す途中、ルシタニア軍の追撃により、仲間と散りじりになり、 アルスラーンとエラムと同行することになる。

他人の奉仕を当然と思っている王侯貴族という人種を軽蔑しているが、行動を共にするうち、王族らしからぬアルスラーンに興味を持ち好感を抱くようになる。


ファランギース
ミスラ神を信仰する女神官(カーヒーナ)。二十二歳。文武両道に優れる才女の上、黒絹の髪・緑玉の瞳・白珠の肌・糸杉の身体を持ち、「銀色の月のような」と称される、「自他共に認める」絶世の美女。

ミスラ神殿がアルスラーン生誕時にその名で寄進されたものであることから、第一次アトロパテネ会戦の敗戦の報を受けた神殿よりアルスラーンを守護するべく派遣された(実際にはその名目で追い出された可能性が高い)。

アルスラーンたちとはぐれ、ダリューンとともに一番分厚い敵の包囲網を突破する。

ナルサスに好意を抱くアルフリードに、一国を興すことに夢中になっているナルサスのさまたげにならないように忠告する。


アルフリード
ゾット族の娘。 ペシャワール付近にて、縄張りに侵入した銀仮面卿(ヒルメス)一党を父や手下と共に襲うものの返り討ちに遭い、父や手下を失う中、ナルサスに助けられた。そのままナルサスに同行し、父の敵討ちも兼ねてアルスラーン陣営に参加する。

ナルサスには全面的な親愛と信頼を寄せており、ナルサスから銀仮面卿の名前と正体を、他人に漏らさないように頼まれ、共通の秘密をもったことを喜ぶ。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【eBookJapan】
eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約50万冊の本を配信中) 。
特に漫画は約21万冊を揃えており、約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実! | 詳細はこちら |

1 黒_edited-2.jpg



『パルス国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg アンドラゴラス三世
パルス国第十八代国王。アルスラーンの父で妻はタハミーネ。四十四歳。剛勇無双の持ち主で歴戦の勇者。

王位に就く前の大将軍時代にバダフシャーン公国を併合する。剣だけでなく鉄鎖術も巧みである。

剛腹だがやや狭量な性格で、内政面ではナルサスらの諫言を聞き入れず不正・腐敗を許すなど、君主として武に偏りすぎるきらいがあった。

無敗を誇るパルス軍を自ら率い、ルシタニア軍との第一次アトロパテネ会戦に臨むが、万騎将カーラーンの裏切りにより敗北し、虜囚となる。


タハミーネ
アルスラーンの母でパルスの王妃、後に王太后。年齢不詳の妖しい美貌を持つ物静かな絶世の美女。

息子アルスラーンに対し一貫して冷ややかな態度を取っている。

エクバターナ攻囲戦後、城に軟禁されている。 結婚を迫るイノケンティス七世に、夫であるアンドラゴラス王の首を要求する。



【武将】 1 黒_edited-2.jpg キシュワード
パルス国の武将で万騎長の一人。パルス歴代の武門の出で、二つの剣を使うことから「双刀将軍」(ターヒール)と呼ばれる。美髯を蓄えている。

第一次アトロパテネ会戦時は、僚友である万騎長バフマンとともに東方国境のペシャワール城塞の守護の任についており、敗戦の難を逃れた。

にわかに国境のカーヴェリー河を越え、侵入してきた隣国シンドゥラの一軍を撃退し、ペシャワール城塞へ向かっている アルスラーンたちを出迎え、追走したきた銀仮面卿(ヒルメス)の軍を撃墜する。

ペシャワール城塞へと入城したアルスラーンから、自分が国政をあずかるようになった際には、奴隷制度を廃止すると打ち明けられ、思案する。


バフマン
アンドラゴラス三世の下での万騎長の一人。歴戦の老将で、六十二歳の年齢は万騎長の中で最年長。大将軍ヴァフリーズとは四十五年来の戦友の間柄。 髪も髭も灰色ではあるが、身体は老人とは思えないほどたくましい。

歴戦の最古参将軍であり、戦場での駆け引きや兵団の士気統率にかけては右に出るものがいない。

第一次アトロパテネ会戦時には、キシュワードと共にペシャワール城塞の守備の任に就いていた。

会戦に先だって旧友のヴァフリーズから手紙を受け取って以来、精彩をなくしており、ペシャワール城塞に入城したアルスラーンにたいして 、ぎこちない態度をとる。

ペシャワール城塞に単身潜入したヒルメスが発見された際に、思わず叫んだ言葉は、結果としてヒルメスを救い、アルスラーンに衝撃を与えることになる。


サーム
アンドラゴラス三世配下の万騎長。怜悧で思慮深い人物。城砦の攻防に優れた手腕を有することから、第一次アトロパテネ会戦には参加せず王都エクバターナの守備の任についていた。

秘密裏に城内に侵入した銀仮面卿(ヒルメス)とカーラーンに襲われ、重症を負う。

銀仮面卿(ヒルメス)から素性を打ち明けられ、「正統なパルス王の継承者である自分」に仕えるように請われ逡巡する。




【諸侯】 1 黒_edited-2.jpg ボディール
パルスの諸侯(シャフルダーラーン)の一人。ニームルーズ山中にあるカシャーンの城主。娘が一人いる。逃亡中のアルスラーン一行を迎え入れるが、援助のかわりにアルスラーンを自分の傀儡にすることを企み、彼を懐柔し仲間を排疎しようとし失敗、ダリューンに返り討ちにされる。

野心家ではあるが奴隷達には公正な処遇を施してその忠誠を得るだけの政治的センスは持っていた人物だった為、ホディールの死を告げカシャーンの奴隷を解放しようとしたアルスラーンは、逆に主人を殺した恨みを買い、殺されかける。

この経験はアルスラーンに、奴隷解放とは安易に身分の縛りをなくせば実現する問題ではないと身に染みて思い知らせる事件となった。




【市民・その他】 1 黒_edited-2.jpg ヘイルターシュ
ゾット族の族長でメルレインとアルフリードの父。酒癖が悪くよく暴力を振るっていた。娘アルフリードを贔屓して後継の族長に指名し、息子メルレインにはとりわけ辛く当たることが多かった。

剣の腕も相当であったとされるが、ヒルメス一行を襲った際に返り討ちにあう。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【eBookJapan】
eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約50万冊の本を配信中) 。
特に漫画は約21万冊を揃えており、約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実! | 詳細はこちら |

1 黒_edited-2.jpg



『銀仮面卿(ヒルメス)』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg 銀仮面卿(ヒルメス)
ルシタニア軍を率いる王弟ギスカールの非公式の参謀であり、遠征軍の地理案内役であり、ギスカールも正体を知らない男。

銀色の仮面を人前では絶対にはずさない。武勇に優れ、その実力はダリューンと比べてもひけをとらない。

第十七代国王オスロエス五世の子。先王オスロエス五世の嫡男であったが立太子されることはなく、子供の頃に叔父アンドラゴラスによって火事に見せかけた暗殺に遭い、公式には死亡とされた。

実際は未遂に終わったものの、顔の右半面に大火傷を負い、無意識に火を恐れるなど後の人生に影を落とすことになる。

死んだカーラーンの息子ザンデを部下に加え、カーラーンの残存兵とともに、ペシャワール城塞へ向かったアルスラーンの一行を追走する。

ペシャワール城塞に入城したアルスラーンを狙い、単身でペシャワール城塞に潜入するが、ダリューンらの反撃にあい、堀に身を投げる。




【武将】 1 黒_edited-2.jpg ザンデ
アンドラゴラス三世配下の万騎長カーラーンの息子。父カーラーンの死後、ヒルメスに仕え、側近として活躍する。

年齢は二十歳くらいの剛力を誇る巨漢で、剣よりも棍棒や槌鋒(メイス)をよく使う。

ヒルメスの正統性を心から信じ、絶対の忠誠を誓っている。斥候を用いて情報にも通じ、単なる膂力だけの男ではないことはヒルメスも認めている。

ペシャワール城塞へ向かう道中のダリューンに、幾度も勝負を挑むが、いずれも返り討ちに終わる。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【honto】
電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!
お買い物で、ネットだけでなく全国の丸善、ジュンク堂、文教堂の提携書店で使えるhontoポイントが貯まってとってもお得♪ | 詳細はこちら |
1 黒_edited-2.jpg



『ルシタニア国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【王族】 1 黒_edited-2.jpg イノケンティス七世
ルシタニアの国王。王位には就いているが、実際にはイアルダボートの教え以外に何の関心も持たず、現実に困ったことがあると全て弟であるギスカールに押し付けている。

パルスの王女タハミーネに夢中になっており、王宮内に軟禁し、せっせと贈り物をする一方で、 イアルダボート教への改宗をすすめている。

談判に訪れた聖堂騎士団長ヒルディゴの前で、パルスの王女タハミーネと結婚し、彼女を新ルシタニア王国の皇妃とし、彼女が産んだ子を後継者とすると宣言する。


ギスカール
イノケンティス七世の弟にして、有力な武人や豪族たちの信頼も厚いルシタニアの実質上の最高権力者。公爵。政治、軍事、両方ともに卓越した手腕を持つ一代の梟雄。

兄王や大司教や騎士団長相手に孤独な戦いを繰り広げていたが、王都の地下でうごめき、ルシタニア軍の幹部を殺害する怪物の事件を機に、 大司教ジャン・ボダンとの確執が決定的になる。

ルシタニア軍での己の立場を強固なものとするために、ボダンがマルヤムから呼び寄せた聖堂騎士団の団長ヒルディゴ に喜捨の名目で、財貨を与え篭絡することに成功するが、王都の地下でうごめく怪物に殺されてしまう。




【聖職者】 1 黒_edited-2.jpg ジャン・ボダン
ルシタニア王国国教会の大司教。異端審問官(インクイシチア)。異教徒やそれに関わるというだけで焚書、虐殺などを当然のように行う完全な狂信者。

ルシタニアの有力な将軍で騎士団長ペデラウスが、王都エクバターナにおいて立ち小便している際の腹部を刃物で刺され怪死した際に、報復に異教徒1万人を火刑にせよと主張し、占領政策に腐心するギスカールと対立する。

パルス王妃タハミーネの処遇を巡ってイノケンティス七世と対立が始まったため、マルヤムに使者を送り、教会のために戦う聖堂騎士団を呼びよせる。


ヒルディゴ
ジャン・ボダン配下の聖堂騎士団(テンペレシオンス)の騎士団長。赤黒い鬚。欲深いが、それに反比例して底の浅い小策士。

マルヤム駐屯時は、50万人もの男女を奴隷として売り飛ばした。

ルシタニア王室に対抗する為にボダンによって、聖堂騎士団ともどもパルスへ招聘されたが、その後、密室で同衾の美女と共に不可解な死を遂げる。




【武将・貴族】 1 黒_edited-2.jpg ペデラウス
ルシタニアの有力な将軍で騎士団長。伯爵。味方に対しても残虐な性格で、異教徒に対しては残酷さを自慢するほどの暗愚な人物。

王都エクバターナにおいて立ち小便している際に、腹部を刃物で刺され怪死する。

日頃の行いが祟って、その死を憐れむ部下は誰一人としていなかった。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【Fujisan.co.jp】
掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る雑誌のオンライン書店。
取り扱う雑誌の多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です! | 詳細はこちら |
1 黒_edited-2.jpg



『シンドゥラ国』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

【武将】 1 黒_edited-2.jpg ダラバーダ
シンドゥラのガーデーヴィ派の将軍。カーヴェリー河を越えてパルスに侵入するが、キシュワードによって一刀の元に敗死する。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg
【ひかりTVブック】
ひかりTVブックは国内最大級の電子書籍(コミック・文芸・写真集など)サイト。
割引/ポイントバックキャンペーンを定期的に実施しており、 更新頻度の高い無料作品キャンペーンが人気!

1 黒_edited-2.jpg



『蛇王ザッハーク』関係者
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


1 登場人物.jpg

尊師
蛇王ザッハークの復活を願う暗灰色の衣を纏った魔道士。王都エクバターナの地下に潜み、パルスの歴史に様々な形で関与しているとされる。

弟子のアルザングに地行術(ガーダック)をもって、ルシタニア軍の陣営におもむき、名のある将軍を一人、葬ってくるように命じる。


アルザング
魔道士。「尊師」の弟子の一人。地行術(ガーダック)を得意とし、地中から不意を襲ってルシタニアの将軍を怪死させ、 王弟ギスカールと大司教ジャン・ボダンとの間に対立を生じさせる。

その後、罪なき血を流させるために、城外の村々を襲い始めるが、たまたま村を訪れたナルサスの機略によって討ち取られる。


グルガーン、グンディー、ガズダハム、サンジェ、プーラード、ビード
魔道士。「尊師」の弟子たち。

1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』>> | ▪『書籍情報』>> | ▪『荒川弘コミック版』>>
| ▪『アルスラーン戦記』シリーズ一覧 >> | ▪『光文社文庫版』>> 1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg
1 黒_edited-2.jpg



荒川弘の作画で『別冊少年マガジン』2013年8月号より連載中。
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


『アルスラーン戦記(4)』

(著者)荒川 弘


王子・アルスラーンのもと、英雄集結! 

才色兼備の女神官・ファランギース、謎の“流浪の楽士”・ギーヴが新たに仲間となり、アルスラーン率いるパルス奪還軍は総勢6人となった。

ルシタニア30万の軍勢に挑むべく、さらなる兵力の増強は不可欠!

助力を求め、カシャーン城を訪れたアルスラーン達を待ち受ける試練とは・・・!? 

そして、波乱の夜が幕を開ける!!

1 黒_edited-2.jpg




『アルスラーン戦記(5)』

(著者)荒川 弘


王太子・アルスラーンと5人の英雄たちからなるパルス奪還軍は窮地に陥っていた。

新たなる仲間を求めて、カシャーン城を脱出した一行は、敵軍の強襲で三組に分断されてしまう。

再結集の地は、東の国境城塞・ペシャワール! 

散り散りに前進するアルスラーンたちに、復讐に燃える銀仮面とカーラーンの息子・ザンデが襲いかかる・・・! 

生きて、会える。きっと、また。決死の行軍!! その先に待つ未来は・・・!?

1 黒_edited-2.jpg




『アルスラーン戦記(6)』

(著者)荒川 弘


アルスラーンの目前に、ついにペシャワール城が姿を現した。

双刀将軍・キシュワードが治める、仲間との再結集の地!

いまだ出会えぬナルサスも、ゾット族の少女・アルフリードの愛と、執拗なルシタニア軍との挟撃に耐えながら、再会の地を目指す!!

パルスの全てを取り戻す・・・。

彼らと一緒なら、叶えられる。

仲間と希望を見据えるアルスラーンに訪れる、最大の試練!

正統の王とは、誰なのか・・・。

揺らぐ、東方戦線!!

1 黒_edited-2.jpg



2015年4月より、荒川弘版の漫画を原作として、テレビアニメ化。
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


『アルスラーン戦記 ~王都奪還 出撃篇~』

(著者)田中芳樹


アルスラーン殿下と仲間たちの旅路を追う。 “少年ひとり、騎士ひとり”からはじまり、自らの出自に悩みながらも、ダリューン、ナルサス、エラム、ギーヴ、 ファランギースに支えられ、“王都奪還の刃”を掲げ、出撃するまで、アルスラーン殿下とその一行の軌跡を今一度、辿ろう!

1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg






【参考】 1 黒_edited-2.jpg
『田中芳樹 アルスラーン戦記 特設サイト | 光文社 』

『Wikipedia』

『アニメ「アルスラーン戦記」公式サイト』




© 2019 neji.