『ガリレオの苦悩(探偵ガリレオ)』感想【小説】 (著者:東野圭吾)

CSS入門

ガリレオの苦悩.jpg 1 黒_edited-2.jpg
【Kindle Unlimited 読み放題】
豊富な本、コミック、雑誌および洋書を読み放題でお楽しみいただけます。 | 詳細はこちら |

いつでもどこでも読み放題。さまざまな端末で利用可能。| Kindle 無料アプリを表示 |
iOS,Andoroid,MacやPC版がございます。
PR 東野圭吾 の作品はコチラ PR 福山雅治の作品はコチラ



『感想』
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)



本書から、女性刑事・内海薫が登場します。女性ならではの観察眼の持ち主で、草薙を言い負かすほどの気の強いキャラクターとして描かれていまが、事件の解決に、がむしゃらに立ち向かっていく内海薫の姿には好感が持てます。


前作の「容疑者xの献身」において心に傷を負った湯川学は、その後、警察への協力を拒んでいましたが内海薫が初登場する 「落下る(おちる)」において、一方的に湯川に協力を求めはせず、自ら建てた仮説を立証するために独力で検証実験に挑む内海薫のことを認め、その後、警察への協力を惜しまなくなっていきます。


【本文より】

「まずはやってみる・・・その姿勢が大事なんだ。理系の学生でも、頭の中で理屈をこね回すばかりで行動の伴わない連中が多い。まずやってみる。実際の現象からしか発見は生まれない。

もし君が実験をしていなければ、そのまま帰っていただろう。そうして、おそらく二度と協力する気になれなかっただろうね。」





以降、事件を持ち込むのは、内海薫の役割となり、事件解決後の草薙のフォロー(お礼に酒を持っていく)もあり、三人は良好な関係を築いていきます。


本書では、身内や自身が巻き込まれる事件が描かれ、少しずつではありますが湯川自身に人間味も出てきており、大学時代の友人の口から 湯川に纏わる過去の滑稽なエピソードや嗜好が語られ、過去の作品に比べ、親しみやすいキャラクターとして描かれています。


【本文より】

■ 「大学時代。インスタントコーヒーの歴史を調べたことがあった。自分で作ってみて、やっぱり、買ったほうが合理的だ、とか言ってた。」

■ 「あいつはなかなかの酒豪だが高級である必要はない。蘊蓄はたれるが、じつは味音痴だ。」




中でも、自分の評判を気にする湯川と草薙のやり取りは秀逸でした。


【本文より】

【草薙】:「結論からいうと、おまえが警察の捜査に協力していることについて、悪くいっている人間は殆どいなかった。 人間としての評判はともかく、科学者としてのおまえは、非常に評価されているし、尊敬もされている。」

【湯川】:「ちょっと待ってくれ。人間としての評判はともかく、とはどういうことだ。」

【草薙】:「ああ・・・それはひとまず置いといて、という意味だ。」

【湯川】:「置いとかなくていい、人間としての評判はどうだというんだ?」





本書に収録されている短編は、どの作品も良作揃いでしたが、個人的には「操縦る(あやつる)」が一番面白かったです。



1 黒_edited-2.jpg
| ▪『あらすじ』 >> | ▪『登場人物』>> | 『探偵ガリレオ』シリーズ【小説】 | 1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg



2013年にテレビドラマ化
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


『ガリレオΦ』
(出演)福山雅治

連続ドラマで描いた物語から遡ること3年。福山雅治演じるガリレオこと湯川学に、北村一輝演じる草薙刑事が、初めて事件の捜査協力を依頼するところから物語がスタートします。

1 概略.jpg

とある島で起きた密室殺人事件。事件を解決する糸口を求め、専門家の意見を聞くために帝都大学を訪れた草薙刑事(北村一輝)は、大学の掲示板で懐かしい名前を発見する。その男の名は、湯川学(福山雅治)。

かつて草薙と同じバドミントン部の仲間で、今は帝都大学理工学部物理学科の助教授だ。学生時代から“超がつくほどの天才"と名をはせていたこの男の頭脳に一縷の望みを抱き、草薙は、湯川の研究室を訪ねる。

捜査のため事件現場を訪れた湯川と草薙の前に現れたのは、被害者の父親で車いす生活を余儀なくされている友永幸正(蟹江敬三)、被害者の妹で父親の介護をしながら生活を共にしている奈美恵(香里奈)だった。

謎めいた人々が次々と捜査線上に浮かび上がってくる中、果たして犯人は誰なのか?動機は?そして何よりも、どうやって密室殺人を完遂させたのか・・・


1 黒_edited-2.jpg
『ガリレオΦ』

▪『DVD情報』>>
1 黒_edited-2.jpg




『ガリレオ2』
(出演)福山雅治

ドラマ第2シリーズでテレビドラマ化され放送されました。

1 概略.jpg

湯川学(福山雅治)は、帝都大学理工学部物理学科の准教授。容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能な湯川は、女子学生からは圧倒的な人気を得ているが、学問以外のことにほとんど興味を 示さないため、“変人ガリレオ”とも呼ばれていた。

そんな湯川のもとを訪れた貝塚北署の刑事・内海薫(柴咲コウ)は、帝都大の出身で、昨年入庁したばかりの新人刑事・岸谷美砂( 吉高由里子)を紹介する。湯川とは大学の同期でもある警視庁の刑事・草薙俊平(北村一輝)の指示だった。新たな相棒となった岸谷とともに抜群の頭脳で超常現象に近い不可解な事件を 解明していくのか!?


1 黒_edited-2.jpg
『ガリレオ2』

▪『DVD情報』>>
1 黒_edited-2.jpg rakuten 1_edited-4.jpg kuro.jpg






【参考】 1 黒_edited-2.jpg
『聖女の救済×ガリレオの苦悩 』

『Wikipedia』




© 2019 neji.