『国境事変』感想【小説】 (著者:誉田哲也)


ストロベリーナイト 358.jpg
PR 黒木メイサの作品はコチラ PR 誉田哲也の作品はコチラ



『感想』
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)


「ジウ3部作」の登場人物、東 弘樹を主人公にしたスピンオフ作品。


「ジウ」はエンターテイメント性のあるバイオレンス小説でしたが、本作は、大沢在昌さんの「新宿鮫」を彷彿させる 骨太な内容の警察小説。


1 黒_edited-2.jpg
『新宿鮫』

(著者)大沢在昌

超人気シリーズの輝ける第一作。

ただ独りで音もなく犯罪者に食らいつくー。「新宿鮫」と怖れられる新宿署刑事・鮫島。歌舞伎町を中心に、警官が連続して射殺された。犯人逮捕に躍起になる署員たちをよそに、鮫島は銃密造の天才・木津を執拗に追う。突き止めた工房には、巧妙な罠が鮫島を待ち受けていた!絶体絶命の危機を救うのは・・・

1 黒_edited-2.jpg


本作で主人公を演じる東弘樹東警部補は、前作の「ジウ」の頃に比べて荒々しい印象で、越権行為もなにするものぞという感じで、己の信念に従って事件の真相に向かってグイグイと喰い込んでいきます。


一方、もう一人の主人公ともいえる公安部の川尻冬吾は、配属されてまだ日が浅いため、己の職務が頭では理解できていても、 ”目の前で苦難に陥っている人を救うことができない”という警察官としてのもどかしさを払拭できないまま任務を遂行する日々に ジレンマを抱えており、悩み多き川尻の姿に共感を覚えます。


殺人事件の被害者の弟である若松英男を調べるうちに、公安部の川尻と出会った東は、元々、公安を嫌悪していることもあり 川尻に対して容赦ない感じで接し、反感を買ってもしょうがないキツイ言葉をバンバン吐きまくります。


川尻は、そんな東に嫌悪感を抱きながらも、その言葉は正論をついており、川尻の心にどんどん突き刺さっていきます。


不本意ながらも、東とともに福岡に向かった英夫の行方を追う形になった川尻は、本人の自覚がないままに東の持つ警察官の矜持に感化されていき、それが災いして職務としては見捨てなければならない立場にある英夫の安否を優先させてしまったために、単独で犯人を追った公安部の同僚を射殺されてしまう事態に陥り、更なる苦悩に陥っていくことになります。


この辺りまでは、川尻の揺れ動く心情の機微が丁寧に描写されており、犯人を追って対馬に渡った川尻に、どういう展開が待ち受けているのだろうと期待を抱かせますが、対馬に渡り地元の警察や自衛隊と合流してからの東と川尻は、なんとなく存在感が急に薄れはじめ、これといった目立った活躍も見せないまま足早な感じで黒幕に行き着いてしまいます。


この手の話の流れだと、最終的に、怒りを抑えきれなかった川尻が黒幕を殺しそうなエンディングを予想しがちですが、 黒幕と対峙した川尻に対して、東と上司である前田が、国防と人命、どちらを優先するのか、という選択を迫る場面はありますが、、 川尻が逡巡しているうちに、唐突に第三者が黒幕を射殺してしまったため、被疑者死亡で事件は解決という、なんともあっけない 幕切れでした。


事件解決後、東や今回の事件が、どのような顛末を迎えたのかは、いっさい明らかにされないまま尻切れトンボのような感じで エンディングを迎えてしまったため消化不良気味でした。


なお、本作において職務と人間としての倫理観の狭間で葛藤しまくった沢尻は「硝子の太陽Nノワール 」において、本作での出来事を吹っ切ったかのような感じのスゴ腕の公安部員として再登場しますのでお楽しみに。


1 黒_edited-2.jpg
『硝子の太陽Nノワール』

(著者) 誉田哲也


沖縄での活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが全国で激化した二月、新宿署の東弘樹警部補は「左翼の親玉」を取り調べることに。その直後、異様な覆面集団による滅多刺し事件が起こる。被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない男。社会に蔓延る悪意の連鎖を断ち切るべく、東とセブンの共闘が始まる!

1 黒_edited-2.jpg



『国境事変』

| ▪『あらすじ』 >> | ▪『登場人物』>> | ▪『書籍情報』>>

▪『ジウシリーズ』>> | ▪『著者プロフィール&作品リスト』>> 1 黒_edited-2.jpg
ー▲直前のページに戻るー



「公安関係」のオススメ作品
(画像は、イメージですので、予めご了承ください。)



『外事警察』

(主演) 渡部篤郎


警視庁公安部外事4課へCIAから極秘情報が届く。<フィッシュ>と呼ばれる国際テロリストが日本に潜伏しているという。対テロのウラ作業を専門とする住本健司(渡部篤郎)は所轄から来た松沢陽菜(尾野真千子)らとともに、怪しい外交官の追尾を開始。爆発物検知器を扱うメーカーの社長、谷村(田口トモロヲ)との接触現場を視認する。住本は外交官を追い込み、自らの協力者に仕立てることでテロ組織の情報を掴もうとする。外事4課の住本はテロ組織のアジトを突き止め、テロを防ぐことが出来るのか!?

1 黒_edited-2.jpg

『外事警察 その男に騙されるな』

(主演) 渡部篤郎


国際テロを未然に防ぐために組織された外事警察。ある日、朝鮮半島から濃縮ウランが流出したという情報が入る。同時期に軍事機密データも消え、日本での核テロの可能性が高まった。“公安の魔物"と畏怖される住本(渡部篤郎)ほか外事四課は、日本に潜伏する工作員らしき男〈奥田正秀〉に目をつけ、妻の果織(真木よう子)を《協力者=スパイ》に取り込むと決めた。

1 黒_edited-2.jpg
『国境事変』

| ▪『あらすじ』 >> | ▪『登場人物』>> | ▪『書籍情報』>>

▪『ジウシリーズ』>> | ▪『著者プロフィール&作品リスト』>> 1 黒_edited-2.jpg
ー▲直前のページに戻るー



【参考】 1 黒_edited-2.jpg
『誉田哲也の<ジウ>サーガ|特設ページ|中央公論新社』




© 2019 neji.