『沈まぬ太陽』あらすじ【ドラマ】山崎豊子


沈まぬ太陽 タイトル_edited-2.jpg
山崎豊子の最高傑作を上川隆也主演で初のテレビドラマ化!

『沈まぬ太陽』
【原作】山崎豊子


Book informationー 
PR 山崎豊子の著作はコチラ PR 関連作品はコチラ



『沈まぬ太陽』


『沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) 』
【著者】山崎 豊子

広大なアフリカのサバンナで、巨象に狙いをさだめ、猟銃を構える一人の男がいた。恩地元、日本を代表する企業・国民航空社員。エリートとして将来を嘱望されながら、中近東からアフリカへと、内規を無視した「流刑」に耐える日々は十年に及ぼうとしていた。
(「BOOK」データベースより)
1 黒_edited-2.jpg
『沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下) 』
【著者】山崎 豊子

パキスタン駐在を終えた恩地を待ち受けていたのは、さらなる報復人事だった。イラン、そして路線の就航もないケニアへの赴任。会社は帰国をちらつかせ、降伏を迫る一方で、露骨な差別人事により組合の分断を図っていた。共に闘った同期の友の裏切り。そして、家族との別離――。焦燥感と孤独とが、恩地をしだいに追いつめていく。そんな折、国民航空の旅客機が連続事故を起こす。
(「BOOK」データベースより)
1 黒_edited-2.jpg
『沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 』
【著者】山崎 豊子

十年におよぶ海外左遷に耐え、本社へ復帰をはたしたものの、恩地への報復の手がゆるむことはなかった。逆境の日々のなか、ついに「その日」はおとずれる。航空史上最大のジャンボ機墜落事故、犠牲者は520名――。凄絶な遺体の検視、事故原因の究明、非情な補償交渉。救援隊として現地に赴き、遺族係を命ぜられた恩地は、想像を絶する悲劇に直面し、苦悩する。
(「BOOK」データベースより)
1 黒_edited-2.jpg
『沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) 』
【著者】山崎 豊子

「空の安全」をないがしろにし、利潤追求を第一とした経営。御巣鷹山の墜落は、起こるべくして起きた事故だった。政府は組織の建て直しを図るべく、新会長に国見正之の就任を要請。恩地は新設された会長室の部長に抜擢される。「きみの力を借りたい」。国見の真摯な説得が恩地を動かした。次第に白日の下にさらされる腐敗の構造。しかし、それは終わりなき暗闘の始まりでしかなかった。
(「BOOK」データベースより)
1 黒_edited-2.jpg
『沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下) 』
【著者】山崎 豊子

会長室の調査により、次々と明るみに出る不正と乱脈。国民航空は、いまや人の貌をした魑魅魍魎(ちみもうりょう)に食いつくされつつあった。会長の国見と恩地はひるまず闘いをつづけるが、政・官・財が癒着する利権の闇は、あまりに深く巧妙に張りめぐらされていた。不正疑惑は閣議決定により闇に葬られ、国見は突如更迭される。
(「BOOK」データベースより)
1 黒_edited-2.jpg 1 黒_edited-2.jpg
『沈まぬ太陽』

| ▪『感想』 >> | ▪『登場人物』>> | ▪『DVD情報』>>





© 2019 neji.